広い城内で静かに観賞した紅葉・伏見桃山城

京都市伏見区にそびえたつ伏見桃山城。

ここは、現在公園になっていて、誰でも自由に入ることができます。もちろん入場料なども必要ありません。

建築されたのが昭和ということが理由なのか、観光で訪れる方が非常に少ないところです。

でも、伏見桃山城は、知る人ぞ知る紅葉の名所なのです。

広い城内に点在するモミジ

伏見桃山城は、京阪電車の丹波橋駅もしくは近鉄丹波橋駅から東の山に向かって20分程度歩くと到着します。

途中、桓武天皇陵があるので、そこを伏見桃山城と勘違いしないようにしてください。お城はもっと山の上に建っています。

伏見桃山城の門の前に到着。

入口

入口

訪れたのは11月19日です。

この日は晴天で、紅葉狩りにちょうど良い天気でしたよ。

門をくぐると、すぐ近くに真っ赤に色付いたモミジがありました。

門の近くの紅葉

門の近くの紅葉

とても鮮やかな赤色です。

ただ近くに寄って葉を見ると、傷んだものが多かったですね。

でも、遠目で見ればまったく問題ありません。

城内には、カエデの木が何本も植えられていますが、1ヶ所に密集して植えられているのではなく、点在しています。

城内

城内

まずはお城の建物に最も近いモミジを撮影。

モミジと天守閣

モミジと天守閣

城内が広く、日差しを遮るものがないためか、どのモミジも明るい赤色に染まっていましたよ。

城内で最も多くカエデが植えられていたのが、塀際にある小さな池の周りです。

その池に架かる反り橋の近くの紅葉が、ちょうど見ごろを迎えていました。

反り橋とモミジ

反り橋とモミジ

天守閣の周りを散策

池の近くの紅葉を見た後は、天守閣の周りをぐるっと1周することに。

天守閣の周りにも、カエデは植えられていますが、最初にも述べたとおり、密集はしていません。

天守閣

天守閣

でも、まとまって植えられていない方が、紅葉の自己主張が強くならず、天守閣がかっこよく見えるのかもしれません。

見上げる天守閣は迫力があります。

紅葉越しに見上げる天守閣

紅葉越しに見上げる天守閣

モミジも見ごろ間近ですね。

天守閣の裏側に移動。

こちらにもカエデが数本植えられていました。

モミジと青空

モミジと青空

上の写真に写っているモミジは、良い色付きですが、お城の裏側は、全体的にまだ色付き始めて間もないようでした。

多くは、緑色からオレンジ色に変わりつつある状態ですね。

モミジと石垣

モミジと石垣

そして、天守閣を1周して、もとの場所に戻ってきました。

見納めのモミジ

見納めのモミジ

伏見桃山城は、本当に人が少なく、城内は静寂に包まれていましたよ。

人ごみが苦手という方や静かに紅葉狩りをしたいという方は、伏見桃山城に紅葉を見に行ってみてはいかがでしょうか。

宿泊



京都紅葉photo