妙法院の終わりが近づく桜・2019年

4月中旬に京都市東山区の豊国廟に桜を見に行った後、妙法院に参拝しました。

妙法院には、八重紅枝垂れ桜が植えられており、毎年、4月中旬に見ごろを迎えます。

そろそろ八重紅枝垂れ桜が良い具合に咲いているだろうと思い、妙法院を訪れた次第です。

見ごろが終わりに近づく八重紅枝垂れ桜

妙法院は、京阪電車の七条駅から東に徒歩約10分の場所に建っています。

市バスだと「東山七条」からすぐですね。

東大路通沿いに城郭を思わす石垣が100メートルほど続いており、その石垣の中ほどに妙法院の入り口の山門があります。

山門

山門

山門をくぐると正面に庫裏(くり)が建ち、その前に八重紅枝垂れ桜が植えられています。

庫裏と八重紅枝垂れ桜

庫裏と八重紅枝垂れ桜

八重紅枝垂れ桜は、満開を維持している感じですが、花の色は紅色から白色へと変わりつつあり、枝先は若干花が散っていました。

そろそろ見ごろを終えようとしています。

青空の下で見る八重紅枝垂れ桜。

青空と八重紅枝垂れ桜

青空と八重紅枝垂れ桜

花数が少なくなっているのがわかりますね。

あと2日ほど早く妙法院を訪れていれば、美しい八重紅枝垂れ桜を見られたのではないでしょうか。

境内の南西では、八重桜が見ごろを迎えていました。

塀際の八重紅枝垂れ桜

塀際の八重紅枝垂れ桜

まだ満開の少し手前のようですから、これからもっと華やかになりそうな感じです。

妙法院の境内には、カエデも多く植えられており、枝にはたくさんの若葉が付いていました。

新緑

新緑

これからは、カエデの新緑が美しくなる季節ですね。

ヤマザクラに残っている花は、半分以下となり、見ごろを終えようとしています。

散りゆくヤマザクラ

散りゆくヤマザクラ

境内の南東に行くと、本堂が建っているのでお参りをしましょう。

本堂

本堂

本堂の中には入れないので、外からのお参りです。

本堂の近くには、大きな宸殿(しんでん)が建っています。

宸殿

宸殿

妙法院は、皇族関係者が住職をつとめてきた門跡寺院です。

宸殿は、門跡寺院特有の建物で、気品があります。

先ほど見たヤマザクラの奥に見えるのは唐門です。

ヤマザクラと唐門

ヤマザクラと唐門

桜が散りゆく姿を見ると、初夏が近づいているのを感じます。

妙法院の境内を出ます。

北隣に建つフォーシーズンズホテル京都の八重紅枝垂れ桜が、ちょうど見ごろを迎えていましたよ。

フォーシーズンズホテル京都の八重紅枝垂れ桜

フォーシーズンズホテル京都の八重紅枝垂れ桜

この後は、北に15分ほど歩いて建仁寺に桜を見に行きました。

なお、妙法院の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都の紅葉情報サイト 京都紅葉photo