快晴の日に見る智積院の梅・2019年

3月下旬に京都市東山区の智積院(ちしゃくいん)に参拝しました。

智積院は、春の桜秋の紅葉が美しく、その他にも季節の花を楽しむことができます。

2月から3月にかけては、境内全体でたくさんの梅が花を咲かせ、甘酸っぱい香りが漂います。

今回の参拝は、その梅を見ることが目的であります。

見ごろの梅

智積院は、京阪電車の七条駅から東に5分ほど歩いた辺りに建っています。

市バスだと「東山七条」で下車してすぐですね。

智積院の入り口の前にやって来ました。

入り口

入り口

私が智積院を訪れた日は、この時期にしては暖かく、青空も広がり、とても心地良い気候でした。

参道脇では、白梅がたくさんの花を咲かせています。

参道脇の白梅

参道脇の白梅

参道脇に植えられている梅は、早咲きのものや遅咲きのものがあります。

すでに早咲きの梅は花を散らしていましたが、遅咲きの梅はつぼみが膨らんできたところです。

つぼみの状態の紅梅

つぼみの状態の紅梅

参道をまっすぐ東に進み金堂へ。

そして、金堂の中に入り、大日如来にお参りをしましょう。

お参りを済ませ、金堂から出ます。

金堂から見た宝物殿付近は、白梅が満開、紅梅がつぼみでした。

宝物殿と梅

宝物殿と梅

私が訪れた日は、梅が見ごろではありましたが、早咲きの梅が終わり、これから遅咲きの梅が咲き始める頃でした。

そのため、見ごろの梅はあるものの、数が少な目でした。

もう少し早く、あるいは、もう少し遅く訪れると良かったかもしれませんね。

白梅越しに見る金堂。

白梅と金堂

白梅と金堂

金堂の前の紫燈護摩道場の白梅が満開でした。

白梅と鐘楼

白梅と鐘楼

白梅の奥に見える建物は鐘楼です。

鐘楼の周囲には、コケが敷かれていますが、冬が終わったばかりだったため、まだ茶色でした。

金堂の裏に行きます。

金堂の裏には、梅の木が密集して植えられているので、見ごたえがありますよ。

金堂裏の梅

金堂裏の梅

紅梅が満開であります。

紅梅と金堂

紅梅と金堂

近くには白梅もありましたが、花を散らし始めており、見ごろをやや過ぎていました。

金堂の東側には、石段があり、その上は墓地となっています。

その墓地の入り口付近に特に多くの梅が植えられています。

満開の梅と金堂

満開の梅と金堂

紅白の花が、たくさん咲いています。

梅は桜と比較すると、花数が少なく、スカスカとした印象ですが、密集して植えられていると華やかですね。

白色や赤色の花が混ざっていると、より美しく見えます。

金堂裏も、これから咲き始める梅が何本か残っていたので、3月中旬までは観梅を楽しめると思いますよ。

境内の梅を一通り見て歩いたので、そろそろ智積院から出ることに。

入り口近くの智積院会館は、取り壊し工事が行われており、建物が粉々になっていました。

取り壊し中の智積院会館

取り壊し中の智積院会館

跡地には、何ができるのでしょうか。

なお、智積院の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都桜photo