初夏に拝観した東福寺の方丈南庭と北斗の庭

5月下旬に京都市東山区の東福寺に参拝してきました。

この時期の東福寺は、洗玉澗(せんぎょくかん)の新緑が美しく、その風景を見るために通天橋と開山堂を拝観しました。

東福寺では、他にも八相の庭と呼ばれる方丈庭園の拝観もできます。

今回の参拝の目的は、通天橋と開山堂だったのですが、ついでに方丈にある八相の庭も鑑賞することに。

ということで、この記事では、八相の庭のうち、南庭と東庭の模様をお伝えします。

東庭(北斗の庭)

東福寺は、JRと京阪電車の東福寺駅から南東に5分ほど歩いた辺りに建っています。

八相の庭の入り口は、境内のやや東側に建つ庫裡(くり)です。

庫裡

庫裡

玄関で靴を脱ぎ、拝観受付で400円を納めて方丈へと向かいます。

廊下を北に進み、東側に目をやると白砂の上に石柱が7本置かれた庭園が現れます。

東庭

東庭

この庭園は、東庭です。

雲文様地割に円柱の石で北斗七星を構成していることから、北斗の庭とも呼ばれています。

北斗七星

北斗七星

確かに北斗七星の形をしていますね。

北斗の庭に使われている石柱は、東福寺の旧便所の東司(とうす)に使われている柱石の余石とのこと。

白砂の奥には、苔が敷かれています。

白砂と苔

白砂と苔

茶色い部分が目立ちますが、時期に緑色の苔で覆われることでしょう。

庭の奥に設けられている低めの生垣は、天の川を表現しています。

奥には生垣

奥には生垣

地面に描かれた夜空を眺めていると、白砂が星の輝き、苔が漆黒の闇のように見えてきますね。

南庭

東庭を見た後は、方丈へと向かいます。

おそらく、最初に南庭に進み、最後に東庭を鑑賞するのでしょう。

方丈と南庭

方丈と南庭

方丈は、明治23年(1790年)に再建されたもので、建物の周囲に設けられた4つの庭は作庭家の重森三玲が昭和14年(1939年)に作ったものです。

方丈の庭園は、蓬莱、方丈、瀛洲(えいじゅう)、壷梁(こりょう)、八海、五山、井田市松(せいでんいちまつ)、北斗七星の8つを八相成道(はっそうじょうどう)にちなんで八相の庭と名付けられました。

南庭には、東側から瀛洲、蓬莱、壷梁、方丈が、白砂の上に配された石組で表現されています。

また、庭の中央にある唐門は、昭憲皇太后の寄進と伝えられており、恩賜門と呼ばれています。

恩賜門と南庭

恩賜門と南庭

方丈の縁側の西から南庭を眺めます。

西側から見る南庭

西側から見る南庭

庭の奥に石組、手前に白砂が広がっています。

渦を巻いた白砂の文様は、八海を表現しているとのこと。

南庭の西端にある築山は五山です。

五山

五山

数えてみると、確かに築山が5つありますね。

苔の山と白砂の海。

奥の背の低い松の木は何を意味しているのでしょうか。

そういったことを考えるのも、禅寺の庭園鑑賞の楽しみのひとつであります。

南庭を見た後は、西庭と北庭へ向かいます。

なお、東福寺の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都桜photo