初夏の円山公園をぶらり歩き

京都市東山区にある円山公園は、春や秋の観光シーズンになると、たくさんの観光客の方で賑わいます。

ところが、ゴールデンウィークが明けると、あれだけいた観光客の方が一気に減ります。

人が減ると寂しく感じる面はありますが、公園内をのんびりと散策するには、初夏はちょうど良い季節ですね。

ツツジ、藤、カキツバタが花を咲かせる円山公園

初夏のとある日の昼下がりに訪れた円山公園。

人がまばらだったため、公園内は普段よりもかなり静かな状況です。

天気は、快晴とまではいきませんが、雲が少なめだったので、青々とした東山を眺めることができました。

青々とした東山

青々とした東山

まさに初夏といった景色です。

円山公園内の木々も新緑に覆われています。

ツツジは、まだ満開とはいきませんが、白色と紫色の花を咲かせていました。

新緑とツツジ

新緑とツツジ

休憩所の屋根の藤も紫色の花を咲かせています。

風が吹いて揺れる姿を見ていると、それだけで涼しく感じます。

ちなみにこの日は、30度近くまで気温が上がり、5月にしては暑い日でした。

風に揺れる藤

風に揺れる藤

休憩所でのんびりとした後は、池の周囲を散策。

円山公園の池

円山公園の池

池を眺めながら歩いていると、時間がとてもゆっくり流れます。

池には、カキツバタが咲いていました。

カキツバタ

カキツバタ

まだつぼみが多く残っており、花が咲いているカキツバタの方が少ない状態です。

カキツバタの写真を撮っていると、池を泳いでいた鴨が近づいてきました。

何かもらえると思っているのでしょうか。

あいにく餌になるようなものは持っていません。

鴨が1羽寄ってくると、次から次に鴨が池から上がってきます。

鴨

かなり近くに寄ったのですが、逃げる気配がありません。

どうやら、人に慣れているようです。

円山公園と言えば、大きな枝垂れ桜が有名ですが、さすがに初夏ともなると枝には、緑色の葉がたくさん付いていました。

春は、それほど花を咲かせなくなっていますが、たくさんの葉を付けている姿を見ると、まだまだ元気なようですね。

円山公園にいた時間は30分程度でしたが、2時間くらいのんびりとした気分です。

帰り際に見たツツジは、紫色の花をたくさん咲かせていました。

ツツジ
ツツジ

円山公園の周辺には、知恩院八坂神社高台寺など、多くの観光名所があります。

これらの名所に訪れた後、ちょっと休憩するなら、円山公園はおすすめです。

とは言っても、観光シーズンは混雑しているので、休憩するのは難しいのですが。

でも、初夏なら、人が少ないので休憩には良い場所ですよ。

公園内には、お店もあるので、冷たい飲み物を買って、のんびりとしてみてはいかがでしょか。

宿泊



京都桜photo