萩が見ごろに近づく梨木神社・2023年

9月19日に京都市上京区の大聖寺に萩を見に行った後、梨木神社(なしのきじんじゃ)に参拝しました。

梨木神社でも、毎年9月になると、たくさんの萩が咲きます。

参道も本殿周囲も、萩の花と葉が埋め尽くし、初秋の風情を感じられますね。

開花が遅れている萩

梨木神社には、地下鉄の今出川駅から南東に約8分歩くと到着します。

京阪電車だと、出町柳駅から西に徒歩約10分です。

寺町通に面する駐車場から境内に入ります。

駐車場

駐車場

駐車場の先には、神門が建っており、その前の萩が順調に生長していました。

神門

神門

ただ、花数は少なく、まだ見ごろには入っていないようです。

神門をくぐります。

正面には拝殿が建ち、参道の右側には緑色の萩がいっぱい。

拝殿と萩

拝殿と萩

この辺りの萩も、花数が少なめで開花が遅れているようです。

今年の夏は暑く、9月に入っても気温が下がって来ないので、萩も、いつ咲いて良いのやら迷っているのかもしれません。

拝殿の前に植えられている萩は、白色の花を咲かせていました。

白色の萩

白色の萩

花は枝先に多く咲いていましたよ。

拝殿の後ろに建つ本殿。

本殿と萩

本殿と萩

本殿の前の萩は、赤色の花を咲かせます。

こちらも、例年より咲き始めるのが遅かったようです。

それでは、本殿にお参りをしましょう。

梨木神社の萩には、和歌がしたためられた短冊が吊るされています。

萩に吊るされた短冊

萩に吊るされた短冊

こういうところにも、風情を感じますね。

参道で咲くムクゲ

神門から参道に出ます。

参道にも、たくさんの萩が植えられているのですが、やはり、こちらも花数が例年より少なめでした。

参道

参道

萩に混ざって、ムクゲの白色の花が咲いていました。

白色のムクゲ

白色のムクゲ

そろそろムクゲは、終わりの時期なのですが、梨木神社では、まだきれいに咲いていました。

夏の暑さが続いているから、ムクゲも花期が延びているのでしょうか。

ピンク色のムクゲも咲いていましたよ。

ピンク色のムクゲ

ピンク色のムクゲ

ピンク色のムクゲも、まだまだ元気で、しばらくはきれいに咲いている姿を保っていそうです。

鳥居付近では、萩が比較的多く咲いていました。

鳥居と萩

鳥居と萩

境内の萩も、これくらい咲いていると良かったんですけどね。

梨木神社では、9月23日と24日に萩まつりが行われます。

神事だけでなく、奉納行事も見られるので、ぜひ、梨木神社に足を運んでください。

萩まつりの時には、境内の萩も見ごろになっていそうです。

なお、梨木神社の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊


7月の京都。 それは祇園祭の季節です。 祇園祭は、7月17日と24日の山鉾巡行が有名で、この2日だけが祇園祭と思われがちですが、実は7月1日から31日まで1ヶ月間行われています。 なので、7月に京都を訪れると、何かしらの祇園祭の行事を観覧できます。 しかし、祇園祭の日程や見どころを何も知らずに7月に京都を訪れても、なかなか祇園祭を楽しむことはできません。 そこで、今回の記事では、祇園祭の日程と見どころを紹介します。