宗忠神社と竹中稲荷社の桜・2015年

4月初旬。

京都市左京区の吉田山に建つ宗忠神社(むねただじんじゃ)と竹中稲荷社に桜を見に行ってきました。

どちらも参道の桜がとても美しい神社で、他の桜の名所とは少しばかり趣の違ったお花見ができます。

観光客や旅行者の方にも、あまり知られていない桜の名所なので、のんびりと桜を見れるんですよね。

宗忠神社の桜

宗忠神社は、真如堂の赤門から西に2分ほど歩いた辺りに鳥居が建っています。

最寄駅は、地下鉄蹴上駅もしくは京阪電車の出町柳駅になりますが、どちらも徒歩20分ほどかかります。

市バスだと、「京大正門前」になるのでしょうか。そこからだと徒歩10分ほどになりますね。

さて、宗忠神社の鳥居の前に到着すると、参道の両脇のソメイヨシノが満開になっていました。

宗忠神社の鳥居

宗忠神社の鳥居

鳥居の前に来なくても、遠くから見るだけで桜が満開になっているのはわかっていたんですけどね。

宗忠神社の鳥居の両脇には、逆立ちする狛犬がいます。

逆立ちする狛犬

逆立ちする狛犬

こちらも忘れずに見ておきたいですね。

鳥居から見上げる参道。

見上げる石段脇の桜

見上げる石段脇の桜

見ごろを迎えた両脇の桜を眺めながら、ゆっくりと石段を上って行きます。

石段の中ほどまで来たところで、後ろを振り返ります。

見下ろす桜も、見事でしたよ。

石段の中ほどから見下ろす桜

石段の中ほどから見下ろす桜

石段を上りきり境内へ。

石段上の鳥居

石段上の鳥居

石段の上の鳥居付近から、もう一度、石段の桜を見ておきましょう。

宗忠神社の桜は、参道のソメイヨシノが最もきれいです。

境内にも少し桜が植えられていますが、見どころは、やはり参道の桜ですね。

竹中稲荷社の桜

宗忠神社の次は、その近くにある竹中稲荷社へ。

竹中稲荷社は、吉田神社の末社です。

宗忠神社の隣にあるので移動には時間がかかりません。

竹中稲荷社の参道にやって来ると、たくさんのソメイヨシノが満開になっていました。

竹稲荷社の参道

竹稲荷社の参道

朱色の鳥居と薄紅色の桜がよく似合っています。

朱色の鳥居とソメイヨシノ

朱色の鳥居とソメイヨシノ

私が訪れた時は、参道で何やら撮影が行われていました。

ドラマなのか映画なのか。

どちらかわかりませんが、2人の役者さんが、桜満開の参道で演技をしていましたよ。

その撮影があったため、参道は少しばかり騒がしかったです。

でも、満開の桜を見ていると、その騒がしさも忘れてしまいます。

参道の満開の桜

参道の満開の桜

参道の上まで伸びた桜の枝に咲くたくさんの花。

桜の屋根

桜の屋根

まさに桜の屋根です。

境内に入ります。

境内の桜

境内の桜

桜は、ソメイヨシノが1本だけでした。

でも、その1本の桜が満開見ごろとなっていましたよ。

青空の下で見る満開の桜は、より華やかに見えますね。

宿泊

関連記事



京都桜photo