嵐山の紅葉・2011年11月9日の状況

京都でも人気の観光スポットの嵐山は、紅葉の時期になると、さらに多くの観光客の方で賑わいます。

11月9日。

まだ若干見ごろには早いと思いつつも、嵐山の紅葉の状況を観察してきました。

嵐山一帯は、もう観光客の方でいっぱいでした。

色付き始めたばかりの嵐山

ますは、渡月橋の北から嵐山を観察。

午後に訪れたので、太陽の光が逆行になり、写真が暗くなってしまいました。

下の写真だと全く紅葉していないように見えますが、少しずつ赤、黄、紫と山の色が変化しつつあります。

渡月橋の北から見た嵐山

渡月橋の北から見た嵐山

わかりやすいようにカメラをズーム。

色付き始めたばかり

色付き始めたばかり

これで少しは色付き始めているのがわかるのではないでしょうか。

とは言え、まだまだ緑色が多いですね。

次は、渡月橋の南の山を撮影。

こちらも逆光で色付きがわかりにくいですね。

色付き具合は、山の北よりも遅いです。

渡月橋の南は青葉が目立つ

渡月橋の南は青葉が目立つ

今年は、随所で紅葉が遅れているそうです。

嵐山も例年よりか紅葉が遅いように感じますね。

最後に渡月橋の上から嵐山の写真を撮影。

渡月橋中央から見た嵐山

渡月橋中央から見た嵐山

逆光で、かつ曇り空ということもあり暗い写真となってしまいました。

11月9日の状況から予想すると、嵐山の紅葉が見ごろになるのは、11月25日くらいではないでしょうか。

野宮神社の紅葉の状況

嵐山の紅葉を観察した後は、渡月橋から北に徒歩10分ほどの場所に建つ野宮神社(ののみやじんじゃ)へ。

こちらは、観光客の方や修学旅行生に大人気のようで、鳥居の前は、多くの人で混雑していました。

やはり、縁結びの社なので、女性の参拝者が多いですね。

記念撮影をされている旅行者の方も多く、なかなか境内に入ることができません。

野宮神社の鳥居付近

野宮神社の鳥居付近

ようやく野宮神社の境内に入ったものの、ほとんど紅葉していませんでした。

色付いているカエデもあったことはあったのですが、かなり上の方の葉が少し黄色くなっているだけでした。

境内の苔の庭のカエデの葉も、まるで夏のように青々としています。

苔の庭

苔の庭

これだけ青々としていると、紅葉するのはかなり先になりそうです。

この状態だと、おそらく11月25日以降に見ごろを迎えるのではないでしょうか。

予想するのが難しいくらい緑の葉が多いですね。

野宮神社に紅葉を観に訪れようと思っている方は、11月の最終週くらいにするのが良いと思いますよ。

なお、野宮神社の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都の紅葉情報サイト 京都紅葉photo