京の七夕岡崎エリア・2018年

8月11日の夜。

京都市左京区の岡崎公園を訪れました。

岡崎公園も、京の七夕の会場となっており、2018年は8月11日と12日の2日間、様々な催しが行われました。

光のプロムナード

岡崎公園には、地下鉄東山駅から北に5分ほど歩くと到着します。

京阪電車だと神宮丸太町駅から南東に徒歩約7分ですね。

今回は、神宮丸太町方面から岡崎公園に向かいました。

漆黒の闇に浮き上がる平安神宮の朱色の應天門。

平安神宮の應天門

平安神宮の應天門

應天門の正面の長い参道脇では、平安楽市が開催されていました。

平安楽市

平安楽市

時刻は午後8時を過ぎていたので、人の数はやや少な目。

大鳥居もライトアップされています。

ライトアップされた大鳥居

ライトアップされた大鳥居

七夕飾りもありました。

七夕飾り

七夕飾り

食のプロムナード

岡崎公園では、多くの夜店も出ていましたよ。

夜店

夜店

夜店が並ぶ当たりでは、ジャグリングのパフォーマンスも行われていました。

少しだけ見たのですが、プロは笑いを取るタイミングもよく心得ているなと感心しました。

この日は夜に急な雨が降りましたが、岡崎エリアでは、お店が閉められることはなかったみたいです。

夜の岡崎公園

夜の岡崎公園

午後8時を過ぎていてもお店は賑わっていましたよ。

賑わうお店

賑わうお店

音のプロムナード

岡崎公園から少し西に歩き、みやこめっせの前にやって来ました。

みやこめっせ

みやこめっせ

みやこめっせの近くでは、音のプロムナードと見立て、沿道の各施設・飲食店で、多彩な音楽イベントが開催されます。

みやこめっせの正面広場で行われていたのは、「LIVE SQUARE @ MIYAKOMESSE」で、午後5時30分から午後8時30分まで、アーチストのライブを楽しめます。

ライブ

ライブ

夏の夜空に響くアコースティックギターの音色が、なんとも涼しげです。

岡崎エリアの京の七夕は、他の会場とは一味違った雰囲気があります。

夜店で食べたり飲んだり、昔ながらの夏祭りといった感じですね。

ミニ縁日コーナーもあったりと、古き良き夏の夜を思い出す方も多いのではないでしょうか。

開催期間が2日だけだったのが残念です。

あまり期間が長くても人が来ないのかもしれませんね。

岡崎エリアは、夏に夕涼みをするのに良い場所でしたよ。

宿泊

京の七夕2018年関連記事



京都桜photo