東本願寺を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

東本願寺

東本願寺

由緒

東本願寺は真宗大谷派の総本山で、真宗本廟(しんしゅうほんびょう)という。

文永9年(1272年)に浄土真宗の開祖親鸞の娘である覚信尼が、東大谷に仏堂を建て、親鸞の御影を安置したのが始まり。室町時代の第8代蓮如の時代に発展し、戦国時代には織田信長と交戦するほど大きな勢力となった。

豊臣秀吉の時代に六条堀川に本願寺が再興され、その後、徳川家康が慶長7年(1602年)に当地を寄進し第12代教如が堂舎を建てて、西本願寺とは別に東本願寺が始まった。

江戸幕府3代将軍徳川家光の時に東側に新たな寺領を与えられ、また、伽藍建立の援助を受ける。

しかし、たびたび戦火に遭い、元治元年(1864年)の蛤御門(はまぐりごもん)の変で焼失後、明治時代に再建された。

御影堂

御影堂

明治28年(1895年)に再建された御影堂(ごえいどう)。南北76メートル、東西58メートル、高さ38メートルの木造建築物で親鸞聖人の木造が安置されている。内部は927畳の大広間となっている。世界最大級の木造建築。棟梁は伊藤平左衛門。

阿弥陀堂

阿弥陀堂

明治28年に再建された阿弥陀堂。東本願寺の本堂で阿弥陀如来像が安置されている。南北53メートル、東西47メートル、高さ29メートル。

東本願寺慶長撞鐘

東本願寺慶長撞鐘

慶長9年に教如が御影堂の造営に合わせて鋳造した東本願寺慶長撞鐘(けいちょうつきがね)。総高256cm、口径156cm。慶長末年以前の鐘としては、京都方広寺の鐘、奈良東大寺の鐘、山形羽黒山出羽三山神社の鐘、鎌倉五山円覚寺の鐘についで5番目の大きさを誇る。

東本願寺の所在地

〒600-8505
京都市下京区烏丸通七条上る(地図

東本願寺への行き方

京都駅から徒歩約5分

東本願寺周辺の宿泊施設

京都駅周辺のホテル
京都駅周辺の旅館

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
西本願寺
西本願寺
渉成園
渉成園
東寺
東寺
三十三間堂
三十三間堂
智積院
智積院
観智院
観智院