観智院を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

観智院

観智院

由緒

観智院は、延文4年(1359年/南朝の正平11年)に後宇多天皇が杲宝(ごうほう)を開山として創建したのが始まり。東寺の塔頭(たっちゅう)の中でもっとも格式が高い。真言宗。

現在の客殿は慶長10年(1605年)に北政所(きたのまんどころ)が寄進したもの。

床の間の「鷲の図」、襖絵の「竹林の図」はいずれも宮本武蔵の筆と伝えられている。

観智院の所在地

〒601-8473
京都市南区九条町403(地図

観智院への行き方

近鉄東寺駅から徒歩約5分

※特別拝観の時のみ拝観可。拝観料600円が必要。

観智院周辺の宿泊施設

近鉄東寺駅周辺のホテル一覧
近鉄東寺駅周辺の旅館一覧

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
東寺
東寺
東福寺
東福寺
西本願寺
西本願寺
泉涌寺
泉涌寺
渉成園
渉成園
東本願寺
東本願寺