廬山寺を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

廬山寺

廬山寺

由緒

廬山寺(ろざんじ)は正しくは廬山天台講寺という。天慶元年(938年)に元山大師良源(がんさんだいしりょうげん)が北山に与願金剛院を開創したのが始まり。天台圓浄宗(てんだいえんじょうしゅう)の大本山。

寛元3年(1245年)に覚瑜が船岡山に中国の廬山にちなみ廬山寺を開く。そして、貞治7年(1368年/南朝の正平23年)に明導(みょうどう)が与願金剛院と廬山寺を統合し、廬山天台講寺とし、円、密、戒、浄の四宗兼学道場となる。

その後、応仁の乱(1467年)の兵火に遭い、永禄12年(1569年)にも類焼する。

天正元年(1573年)に正親町天皇の勅命によって現在地に移された。 なお、現在の寺域は、紫式部の邸跡で、源氏物語はこの地で執筆されたと伝わる。

宝永の大火(1708年)、天明の大火(1788年)により堂宇が類焼したが、寛政6年(1794年)に光格天皇が禁裏、仙洞、女院を下賜し再建された。現在の本堂はこのときに再建されたものである。

明治5年(1872年)に太政官布告をもって総本山延暦寺に付属したが、昭和23年(1948年)に圓浄宗として元の四宗兼学道場に戻る。

昭和39年には、紫式部にちなみ源氏の庭が造られた。

紫式部・大貮三位歌碑

紫式部・大貮三位歌碑

廬山寺の境内にある紫式部・大貮三位の歌碑。

紫式部
「めぐりあひて 見しやそれとも
わかぬ間に
雲がくれにし 夜半の月かな」

大貮三位
「有馬山 ゐなの笹原 風吹けば
いでそよ人を 忘れやはする」

廬山寺の所在地

〒602-0852
京都市上京区寺町広小路上ル北ノ辺町397(地図

廬山寺への行き方

京阪出町柳駅から徒歩約12分
叡山出町柳駅から徒歩約12分

※源氏の庭は拝観料500円が必要。

廬山寺周辺の宿泊施設

京都御所付近のホテル一覧

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
下鴨神社
下鴨神社
相国寺
相国寺
京都御所
京都御所
廬山寺
廬山寺
大光明寺
大光明寺
慈照院
慈照院