赤山禅院を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

赤山禅院

赤山禅院

由緒

赤山禅院(せきざんぜんいん)は、仁和4年(888年)に安慧(あんね)が創建したのが始まり。天台宗。

安慧の師である慈覚大師円仁が、承和5年(838年)に唐に渡り泰山府君(たいざんふくん/赤山明神)に深く帰依し、叡山に赤山明神を勧請(かんじょう)しようとしたが、志半ばでこの世を去ったため、彼の遺志を安慧が引き継ぎ、社殿を建立した。

江戸時代、後水尾上皇(ごみずのおじょうこう)の修学院離宮御幸に際して、上皇が社殿を修築した。また、この時、赤山大明神の勅額を与えられている。

都七福神

赤山禅院は都七福神のひとつに数えられる。その他は、松ヶ崎大黒天恵美須神社六波羅蜜寺行願寺、万福寺、東寺である。

赤山禅院の所在地

〒606-8036
京都市左京区修学院開根坊町18(地図

赤山禅院への行き方

叡山修学院駅から徒歩約17分

赤山禅院周辺の宿泊施設

叡山修学院駅周辺のホテル一覧
叡山修学院駅周辺の旅館一覧

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
圓光寺
圓光寺
金福寺
金福寺
詩仙堂
詩仙堂
鷺森神社
鷺森神社
狸谷山不動院
狸谷山不動院
曼殊院
曼殊院