妙円寺を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

妙円寺(松ヶ崎大黒天)

妙円寺

由緒

妙円寺は、元和2年(1616年)に日英が創建したのが始まり。松ヶ崎大黒天とも呼ばれている。山号は松崎山(しょうきざん)。日蓮宗。

大黒堂に安置する大黒天は、伝教大師最澄の作で、日蓮が開眼したものと伝えられている。

昭和44年(1969年)に火災に遭うが、大黒天が無事だったため「火中の大黒さま」と呼ばれるようになった。

なお、松ヶ崎大黒天は都七福神のひとつに数えられる。その他は、恵美須神社東寺六波羅蜜寺赤山禅院、万福寺、行願寺である。

ご利益

諸願成就

なで大黒

なで大黒

体の悪い所などをなでて祈願するなで大黒。

妙円寺の所在地

〒606-0943
京都市左京区松ヶ崎東町31(地図

妙円寺への行き方

叡山修学院駅から徒歩約10分
市バス「松ヶ崎大黒天」から徒歩約10分

妙円寺周辺の宿泊施設

叡山修学院駅周辺のホテル一覧
叡山修学院駅周辺の旅館一覧

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
圓光寺
圓光寺
金福寺
金福寺
詩仙堂
詩仙堂
赤山禅院
赤山禅院
狸谷山不動院
狸谷山不動院
八大神社
八大神社