妙蓮寺を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

妙蓮寺

妙蓮寺

由緒

妙蓮寺は、永仁2年(1294年)に酒造屋の柳屋仲興が、日像(にちぞう)に帰依して、西洞院五条の邸宅を寺に改め、柳寺と称したのが始まり。

その後、荒廃するが、応永年間(1394〜1428年)に日存、日道、日隆、日慶らが再興、大宮通四条下るに伽藍を移築した。また、この時に寺名が妙蓮寺に改められている。

天文法華の乱(1536年)などによって寺地を転々とした後、天正15年(1587年)に豊臣秀吉の聚楽第造営の際に現在地に定まった。

現在の建物は天明の大火(1788年)の後に再建されたものである。

御会式桜

御会式桜

本堂の近くに植えられている御会式桜(おえしきさくら)。日蓮が入滅した10月13日前後から咲き始め、翌4月8日の釈迦生誕の頃に満開となる。

妙蓮寺の所在地

〒602-8418
京都市上京区寺之内通大宮東入妙蓮寺前町875(地図

妙蓮寺への行き方

地下鉄鞍馬口駅から徒歩約15分
市バス「堀川寺之内」から徒歩約1分

※方丈・庭園は500円、長谷川等伯の襖絵収蔵庫は300円の拝観料が必要。

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
北野天満宮
北野天満宮
相国寺
相国寺
京都御所
京都御所
廬山寺
廬山寺
大光明寺
大光明寺
慈照院
慈照院