今宮神社を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

今宮神社

今宮神社

由緒

今宮神社は、正暦5年(994年)に悪疫退散を祈り、船岡山に創建されたのが始まりとされる。

祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)。

当初は紫野社とも呼ばれていたが、長保3年(1001年)の疫病流行時に現在地に勧請され、今宮社と呼ばれた。

本殿は、明治35年1902年)に再建されたもの。

ご利益

健康長寿、良縁開運

やすらい祭

やすらい祭は、毎年4月の第2日曜日に行われる。赤毛と黒毛の鬼たちが笛や太鼓の囃子に合わせて踊る。

鞍馬の火祭、太秦の牛祭とともに京都の三大奇祭とされる。

楼門

楼門

大正時代に建てられた楼門。

本殿

本殿

明治35年に再建された本殿。

疫社

疫社

今宮神社の創建以前からこの地にあった疫社。健康長寿、厄除の神様。

阿呆賢さん

阿呆賢さん

境内に置かれた阿呆賢(あほかし)さん。手のひらで三度軽くたたいて持ち上げ、願い事を念じながら優しく撫でて、もう一度持ち上げた時に軽くなっていると願いが叶うとされる。

稲荷社・織田稲荷社

稲荷社・織田稲荷社

織田信長墓跡ゆかりの社。

今宮神社の所在地

〒603-8243
京都市北区紫野今宮町21(地図

今宮神社への行き方

地下鉄北大路駅から徒歩約21分
市バス「今宮神社前」から徒歩約1分

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
大徳寺
大徳寺
上賀茂神社
上賀茂神社
高桐院
高桐院
源光庵
源光庵
常照寺
常照寺
光悦寺
光悦寺