高桐院を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

高桐院

高桐院

由緒

高桐院は、大徳寺の塔頭で、天正18年(1590年)に細川忠興が父・幽斎の菩提を弔うために叔父の玉甫紹j(ぎょくほじょうそう)を開山として建立した。臨済宗。

細川忠興とガラシャの墓

細川忠興とガラシャの墓

境内には、細川忠興とその妻のガラシャの墓がある。

千利休が天下一と名付け愛用の灯籠を豊臣秀吉が所望した際、その一角を利休が割って断った。それを細川忠興が利休の遺品として受け取り、袈裟形の浄水盤とともに高桐院に持参し墓標としたとされる。

袈裟形のおりつくばい

袈裟形のおりつくばい

加藤清正が朝鮮王城羅生門の礎石を持ち帰り、細川忠興に贈ったもの。地面低くおさめられていることから、おりつくばいと呼ばれている。

高桐院の所在地

〒603-8231
京都市北区紫野大徳寺町73(地図

高桐院への行き方

地下鉄北大路駅から徒歩約23分
市バス「大徳寺前」から徒歩約5分

※拝観料500円が必要。

高桐院周辺の宿泊施設

地下鉄北大路駅周辺のホテル一覧
地下鉄北大路駅周辺の旅館一覧

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
大徳寺
大徳寺
今宮神社
今宮神社
上賀茂神社
上賀茂神社
源光庵
源光庵
常照寺
常照寺
光悦寺
光悦寺