晴明神社を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

晴明神社

晴明神社

由緒

晴明神社は、寛弘4年(1007年)に一条天皇が、陰陽師(おんみょうじ)の安倍晴明(あべのせいめい)の邸宅跡に創建したのが始まり。

祭神は安倍晴明。

その後、幾度となく火災に遭い衰退したが、嘉永年間(1848〜1854年)、明治年間(1868〜1912年)、昭和年間(1926〜1989年)に整備改修されている。

ご利益

魔除け、厄除け、病気平癒、火除け、方除け

一条戻橋

一条戻橋

大正11年(1922年)から平成7年(1995年)まで実際に使用された一条戻橋の欄干親柱。平安時代、渡辺綱(わたなべのつな)が一条戻橋で鬼女に遭遇したという言い伝えが残っている。

厄除桃

厄除桃

古来から桃は魔除け、厄除けの果物とされている。厄除桃に自身の厄を撫でつけることができる。

晴明井

晴明井

境内から湧き出している晴明井。この水を飲むと悪病が退散すると言われている。

晴明神社の所在地

〒602-8222
京都市上京区堀川通一条上ル(地図

晴明神社への行き方

地下鉄今出川駅から徒歩約12分
市バス「一条戻り橋」から徒歩すぐ

晴明神社周辺の宿泊施設

地下鉄今出川駅周辺のホテル一覧

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
北野天満宮
北野天満宮
相国寺
相国寺
京都御所
京都御所
廬山寺
廬山寺
大光明寺
大光明寺
慈照院
慈照院