厳島神社を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

厳島神社

厳島神社

由緒

厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、厳島大神を崇敬した平清盛が、兵庫の築島に一社を設けて勧請したのが始まり。

祭神は、多紀理姫命(たぎりひめのみこと)、市岐嶋姫命(いちきしまひめのみこと)、多岐津姫命(たきつひめのみこと)の宗像三女神(むなかたさんにょしん)、平清盛の母の祇園女御。

その後、大栄元年(1521年)に室町幕府12代将軍の足利義晴が京都に移し、明和年間(1764〜1772年)に九条家邸内に遷座、同家の鎮守社となった。

なお、厳島神社の鳥居は、蚕の社の三柱鳥居、北野天満宮の末社の伴氏社の鳥居とともに京都三鳥居のひとつに数えられている。

ご利益

家業繁栄、家内安全

厳島神社の所在地

〒602-0881
京都市上京区京都御苑内6(地図

厳島神社への行き方

地下鉄丸太町駅から徒歩約5分

厳島神社周辺の宿泊施設

京都御所付近のホテル一覧
京都御所付近の旅館一覧


スポンサード リンク

関連記事

付近の主な観光名所
下鴨神社
下鴨神社
相国寺
相国寺
京都御所
京都御所
廬山寺
廬山寺
大光明寺
大光明寺
慈照院
慈照院