北野天満宮を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

北野天満宮

北野天満宮

由緒

北野天満宮は、菅原道真を祭神とする。

宇多天皇の側近であった菅原道真は、藤原氏の謀略により、九州の太宰府に左遷させられ、延喜3年(903年)に彼の地で亡くなった。

その後、都では、道真を左遷させた藤原時平が病死し、また藤原氏の関係者が相次いで亡くなった。他にも、清涼殿に落雷が直撃するなどの天変地異が起こる。

人々は、これらを道真の怨霊の仕業と考え、朝廷は道真を元の右大臣に戻したが、なお異変は治まらなかった。

都で異変が続く中、天慶5年(942年)に多治比文子(たじひのあやこ)に北野に社殿を建てるようにとの道真の託宣があり、文子は自分の家に小さな祠を建てた。

その後、天暦元年(947年)に、神良種(みわのよしたね)の息子にも文子と同じ託宣があり、良種と文子は最鎮の協力を得て、社殿を建てた。また、天徳3年(959年)には、藤原師輔(ふじわらのもろすけ)が社殿を改築した。

さらに、歴代の天皇も行幸し崇めたことから、道真は怨霊から天神となり、庶民の間にも信仰が広がり、学問・書道の神となった。

なお、現在の社殿は、慶長12年(1607年)に豊臣秀頼が片桐且元に再興させたものである。

ご利益

学業成就、厄除け、五穀豊穣

福部社

福部社

北野天満宮の摂社で祭神は十川能福(そごうのうふく)。菅原道真に仕えた舎人(とねり=牛車を引く牛の世話をする)で、その名から開運招福の神として崇敬されるようになった。
例祭日は3月12日。

白大夫社

白大夫社

北野天満宮の摂社で祭神は渡会春彦(わたらいはるひこ)。菅原是善(すがわらのこれよし)が伊勢神宮の神官であった春彦に世継ぎの誕生を祈願させ、生まれたのが道真であった。春彦は道真の守役となり、若いころから髪が白かったことから白大夫(しらだゆう)と称えられた。子授けの神。
例祭日は1月9日。

老松社

老松社

北野天満宮の摂社で祭神は島田忠臣(しまだただおき)。菅原道真の家臣で、道真が太宰府に配流された後も仕える。道真から託された松の種を撒くと一夜にして多数の松が生じたとされる。植林・林業の神。
例祭日は3月12日。

火之御子社

火之御子社

北野天満宮の摂社で祭神は火雷神(からいしん)。北野天満宮の創設以前から北野雷公と称えられ、雷電・火難・豊作などの守護神として崇敬されていた。雷除け・五穀豊穣の神。
例祭日は6月1日。

地主神社

地主神社

北野天満宮第一の摂社で祭神は天神地祇(てんじんちぎ)。招福、交通安全、諸願成就のご利益がある。
例祭日は4月16日。

文子天満宮

文子天満宮

北野天満宮の末社で祭神は菅原道真。道真の死後、多治比文子(たじひのあやこ)がその霊を祀ったのが始まりで北野天満宮の前身とされる。下京区にも同名の文子天満宮がある。
例祭日は4月第2木曜、4月第3木曜。

竈社(かまどしゃ)

竈社

北野天満宮の末社で祭神は庭津彦神、庭津姫神、火産霊神(ほむすびのかみ)。台所の守り神として崇敬されている。
例祭日は6月17日。

御土居

御土居

豊臣秀吉が天正19年(1591年)に築いた御土居(おどい)。京都を外敵から守るために造られた土塁であったが、江戸時代にほとんどが取り壊された。北野天満宮の境内など数か所が現存している。

北野天満宮の所在地

〒602-8386
京都市上京区馬喰町(地図

北野天満宮への行き方

市バス「北野天満宮前」からすぐ

北野天満宮周辺の宿泊施設

京福北野白梅町駅周辺のホテル一覧
京福北野白梅町駅周辺の旅館一覧

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
平野神社
平野神社
相国寺
相国寺
京都御所
京都御所
等持院
等持院
金閣寺(鹿苑寺)
金閣寺(鹿苑寺)
妙心寺
妙心寺