文子天満宮を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

文子天満宮

文子天満宮

由緒

文子天満宮(あやこてんまんぐう)は、菅原道真を祭神とする。

道真は、太宰府に左遷される際に自分の彫像を文子に渡し、延喜3年(903年)に彼の地で没した。

その後、天慶5年(942年)に文子は、「われを右近の馬場に祀れ」という道真の託宣を受ける。

貧しかった文子は社殿を建立することができず、右京七条二坊の自宅に小さな祠を建て、道真を祀ったと言われる。

これが、文子天満宮の始まりで、北野天満宮の前身とされる。

その後、幾度となく火災で焼失するが、その度に再建されている。

現在の社殿は大正7年(1918年)に造営されたものである。

ご利益

学業成就

文子天満宮の所在地

〒600-8119
京都市下京区間ノ町通花屋町下ル天神町400(地図

文子天満宮への行き方

地下鉄五条駅から徒歩約6分

文子天満宮周辺の宿泊施設

地下鉄五条駅周辺のホテル
地下鉄五条駅周辺の旅館

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
西本願寺
西本願寺
渉成園
渉成園
東寺
東寺
三十三間堂
三十三間堂
智積院
智積院
妙法院
妙法院