天授庵を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

天授庵

天授庵

由緒

天授庵は、南禅寺の塔頭(たっちゅう)。臨済宗南禅寺派。

暦応2年(1339年)に南禅寺十五世虎関師錬(こかんしれん)が光厳上皇の勅許をえて南禅寺開山の無関普門の塔所として建立したのが始まり。

その後、慶長7年(1602年)に細川幽斎が再建し、以後、細川家の菩提所となった。

東庭

東庭

本堂前庭の東庭。枯山水庭園で、白砂に幾何学的な石畳が敷かれている。

南庭

南庭

書院南庭は、鎌倉時代末期から南北朝時代の特色を備えた池泉回遊式庭園。天授庵創建当時に作庭されたものである。

天授庵の所在地

〒606-8435
京都市左京区福地町85-8(地図

天授庵への行き方

地下鉄蹴上駅から徒歩約7分

※拝観料500円が必要。

天授庵周辺の宿泊施設

地下鉄蹴上駅周辺のホテル一覧
地下鉄蹴上駅周辺の旅館一覧

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
永観堂(禅林寺)
永観堂(禅林寺)
金地院
金地院
金戒光明寺
金戒光明寺
真如堂
真如堂
南禅寺
南禅寺
無鄰菴
無鄰菴