大田神社を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

大田神社

大田神社

由緒

大田神社は、上賀茂神社の境外摂社で、祭神は天鈿女命(あめのうずめのみこと)。

古くは恩田社とも呼ばれ、賀茂氏の崇敬を受けていた。

現在の社殿は寛永年間(1624〜1644年)に造営されたものである。

ご利益

長寿

大田の沢のかきつばた

大田の沢のかきつばた

大田神社の境内にある大田の沢には5月中旬から下旬にかけてかきつばたが咲く。国の天然記念物にも指定されており、平安時代には藤原俊成(ふじわらのしゅんぜい)が下記の歌を詠んだとされる。

神山や 大田の沢の かきつばた
深きたのみは 色にみゆらむ

大田神社の所在地

〒603-8047
京都市北区上賀茂本山340(地図

大田神社への行き方

地下鉄北山駅から徒歩約19分
市バス「上賀茂神社前」から徒歩約10分

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
大徳寺
大徳寺
上賀茂神社
上賀茂神社
高桐院
高桐院
今宮神社
今宮神社
円通寺
円通寺
正伝寺
正伝寺