藤森神社を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

藤森神社

藤森神社社殿

由緒

藤森神社は、平安遷都以前に建立された古社で、神功皇后(じんぐうこうごう)が創建したとされる。祭神は、神功皇后、素盞鳴命(すさのおのみこと)、日本武尊(やまとたけるのみこと)など12神。洛南深草の産土神として崇敬されている。

本殿は、正徳2年(1712年)に中御門天皇(なかみかどてんのう)より賜った宮中内侍所にあった建物といわれる。

ご利益

開運、学業成就、腰痛除

藤森祭

5月1日から5日に行われる藤森祭の中でも、5日に催される駈馬神事が有名。長い参道を馬場として行われる。競馬の必勝祈願のために参拝する人もいる。

神功皇后御旗塚

いちの木さん

神功皇后が新羅攻略から凱旋後、旗と武器を納めた場所に「いちの木さん」として親しまれる注連縄(しめなわ)が巻かれた木がある。腰痛が治るといわれ、新撰組の局長であった近藤勇も腰痛を治したと伝えられる。

大将軍社

本殿の背後西にある藤森神社の摂社。磐長姫命(いわながひめのみこと)を祀る。平安遷都の際に王城鎮護のため都の四方に祀られた南の守護神。

八幡宮

本殿の背後東にある藤森神社の摂社。応神天皇を祀る。

藤森神社の所在地

〒612-0864
京都市伏見区深草鳥居崎町609(地図

藤森神社への行き方

京阪墨染駅から徒歩約5分
JR藤森駅から徒歩約5分

藤森神社周辺の宿泊施設

アーバンホテル京都
料亭旅館清和荘

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
城南宮
城南宮
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
御香宮神社
御香宮神社