伏見稲荷大社を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社

由緒

伏見稲荷大社は、和銅4年(711年)に秦伊呂具(はたのいろく)が稲荷山の山上に社を造り、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、猿田彦命(さるたひこのみこと)、大宮女命(おおみやのめのみこと)を祀ったのが始まりとされる。

祭神は、宇迦之御魂神を主祭神とし、猿田彦命、大宮女命、田中大神(たなかのおおかみ)及び四大神(しのおおかみ)。

伏見稲荷大社は、以前は稲荷大社と称していた。秦伊呂具が餅を的に弓矢に興じていたところ餅が白鳥となり稲荷山の峰に止まり、そこに稲が生えたことが社名の由来と伝えられている。

天長4年(827年)に空海が稲荷神を東寺の鎮守として祀ったとされる。また、仁寿2年(852年)の祈雨奉幣以来、朝廷から度々勅使が遣わされるようになり、天慶5年(942年)には正一位の神階も賜っている。

その後、応仁の乱(1467年)によって本殿が焼失したが、明応8年(1499年)に再建されている。

昭和21年(1946年)に稲荷退社から伏見稲荷大社に改称された。

伏見稲荷大社は、全国に3万社以上あると言われる稲荷神社の総本宮で、五穀豊穣、商売繁盛のご利益があるとして信仰されている。

霊魂社、藤尾社、熊野社

霊魂社、藤尾社、熊野社

第一鳥居(ページトップの写真)をくぐった左手に建つ霊魂社、藤尾社、熊野社。伏見稲荷大社の境内には、非常に多くの摂社・末社が建っている。

第二鳥居

第二鳥居

第一鳥居をしばらく行くと第二鳥居がある。これより先に楼門や本殿が建っている。

楼門

楼門

天正17年(1589年)に豊臣秀吉が寄進した楼門。

狐

楼門の左右に鎮座する狐。鳥居と共に伏見稲荷大社の象徴的な建造物。

外拝殿

外拝殿

楼門をくぐってまず最初に目に入るのが外拝殿。この奥に本殿がある。

東丸神社

東丸神社

楼門をくぐって右手には東丸神社(あずままろじんじゃ)が建つ。江戸時代の学者である荷田春満(かだのあずままろ)を祭神とする。学業の神様で合格祈願の受付もしている。創建は明治16年(1883年)。

本殿

本殿

五間社流造の本殿。明応8年に再建された後も修復を重ねて現在に至る。

神馬舎

神馬舎

本殿の裏手にある神馬舎。神馬は昭和13年に、仔馬は昭和57年に奉納されたもの。

千本鳥居

千本鳥居

神馬舎の近くから無数に建つ鳥居のトンネルがある。この千本鳥居からが奥の院への入口。

おもかる石

おもかる石

鳥居のトンネルを進むと一旦鳥居が途切れる場所がある。そこにあるのがおもかる石。灯篭の前で願い事を祈念して石を持ち上げ、想像していたよりも軽いと願いが叶い、重いと叶わないと言われる。

奥の院

奥の院

おもかる石のある場所から先に進むと稲荷山の奥に入る。稲荷山を一回りするのに約2時間かかる。

伏見稲荷大社の所在地

〒612-0882
京都市伏見区深草藪ノ内町68(地図

伏見稲荷大社への行き方

JR稲荷駅から徒歩約1分
京阪伏見稲荷駅から徒歩約5分

伏見稲荷大社周辺の宿泊施設

アーバンホテル京都

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
光明院
光明院
東福寺
東福寺
藤森神社
藤森神社