安養寺を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

安養寺(倒蓮華寺)

安養寺(倒蓮華寺)

由緒

安養寺は、寛仁2年(1018年)に源信が奈良當麻に創建した蓮台院が始まり。宗派は浄土宗西山禅林寺派。

その後、源信の妹の安養尼が安養寺と改称した。

天永年間(1110〜1113年)に隆暹(りゅうせん)が京都に移転、鎌倉時代に証人が中興。

天正年間(1573〜1592年)に、豊臣秀吉によって現在地に移された。

なお、安養寺は、本尊の阿弥陀如来の蓮華の台座が逆さになっていることから、倒蓮華寺(さかれんげじ)とも呼ばれる。

本尊を作る際に台座がどうしても壊れるため、蓮華の台座を逆さにしてみると阿弥陀如来像を安置できたことから、台座が逆さになったと伝えられている。

また、昔は女性の業が深く心の中の蓮華が逆さになっていて、極楽往生できないといわれていたことから、女性を救うために逆さにしたとも伝えられている。

ご利益

女人往生

安養寺(倒蓮華寺)の所在地

〒604-8046
京都市中京区新京極通蛸薬師下ル東側町511(地図

安養寺(倒蓮華寺)への行き方

阪急京都河原町駅から徒歩約5分
京阪祇園四条駅から徒歩約7分

安養寺(倒蓮華寺)周辺の宿泊施設

阪急京都河原町駅周辺のホテル一覧
阪急京都河原町駅周辺の旅館一覧

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
六角堂
六角堂
本能寺
本能寺
京都御所
京都御所
二条城
二条城
神泉苑
神泉苑
壬生寺
壬生寺