仏光寺本廟を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

仏光寺本廟

仏光寺本廟

由緒

仏光寺本廟は、下京区の仏光寺の別院で東山廟所とも呼ばれる。

元禄年間(1688〜1704年)に本山から当地に廟所を移したのが始まり。

三条小鍛冶の古跡

三条小鍛冶の古跡

境内にある三条小鍛冶(さんじょうこかじ)の古跡。三条小鍛冶は、橘宗近のことで信濃守粟田藤四郎と号し、数々の名刀を造った。祇園祭の長刀鉾の長刀は、宗近が娘の病気治癒を感謝して祇園社(八坂神社)に奉納したものと伝えられている。

仏光寺本廟の所在地

〒605-0051
京都市東山区粟田口鍛冶町14(地図

仏光寺本廟への行き方

地下鉄蹴上駅から徒歩約6分

仏光寺本廟周辺の宿泊施設

地下鉄蹴上駅周辺のホテル一覧
地下鉄蹴上駅周辺の旅館一覧

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
清水寺
清水寺
高台寺
高台寺
六波羅蜜寺
六波羅蜜寺
建仁寺
建仁寺
八坂神社
八坂神社
圓徳院
圓徳院