新玉津島神社を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

新玉津島神社

新玉津島神社

由緒

新玉津島神社(にいたまつしまじんじゃ)は、藤原俊成(ふじわらのしゅんぜい)が文治2年(1186年)に歌道の神といわれる玉津島神社に祀られている衣通郎姫(そとおしのいらつめ)を自邸に勧請したのが始まり。

境内には和歌所が置かれ、百人一首などの撰集が行われた。

その後、応永2年(1395年)に社が造営され、天和3年(1683年)には、松尾芭蕉が私淑した俳人の北村季吟(きたむらきぎん)が復興した。

ご利益

文章上達

新玉津島神社の所在地

〒600-8427
京都市下京区烏丸通松原西入ル玉津島町309(地図

新玉津島神社への行き方

地下鉄五条駅から徒歩約5分

新玉津島神社周辺の宿泊施設

地下鉄五条駅周辺のホテル
地下鉄五条駅周辺の旅館


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
六角堂
六角堂
本能寺
本能寺
西本願寺
西本願寺
二条城
二条城
渉成園
渉成園
壬生寺
壬生寺