嘉祥寺を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

嘉祥寺(深草聖天)

嘉祥寺本堂

由緒

嘉祥寺は、嘉祥4年(851年)に仁明天皇の菩提を弔うために文徳天皇が、その陵のそばに清涼殿を移転し創建したのが始まり。

元慶2年(878年)に定額寺となったが、平安時代後期に衰退し、仁和寺別院となった。

その後、応仁の乱(1467年)で焼失。

寛文年間(1661〜1673年)に空心によって現在地に再興された。

また、元禄12年(1699年)には、後西天皇の勅許を得て本堂が建立されている。

ご利益

開運招福

嘉祥寺の所在地

〒612-0871
京都市伏見区深草坊町71(地図

嘉祥寺への行き方

JR藤森駅から徒歩約11分
京阪深草駅から徒歩約12分

嘉祥寺周辺の宿泊施設

アーバンホテル京都


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
城南宮
城南宮
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
藤森神社
藤森神社