墨染寺を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

墨染寺

墨染寺

由緒

墨染寺(ぼくせんじ)は、貞観年間(859〜877年)に清和天皇の勅願で藤原良房が創建した貞観寺(ていかんじ)が始まり。

天正年間(1573〜1592年)に豊臣秀吉の援助で再興し、墨染桜寺(ぼくせんおうじ)と改称。

その後、現在地に定まった。

墨染寺の所在地

〒612-0051
京都市伏見区墨染町741(地図

墨染寺への行き方

京阪墨染駅から徒歩約3分

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
城南宮
城南宮
安楽壽院
安楽壽院
藤森神社
藤森神社