国内旅行で活躍するゴールドカードを紹介しています。旅行傷害保険、トラベルサービス、高ポイント還元など旅行で得するゴールドカードを比較。

国内旅行で活躍するゴールドカード比較


国内旅行に出かける際は、現地での支払いに備えるため、現金の他にクレジットカードも持っていくのが無難です。

クレジットカードの中には、旅行に便利なサービスが付帯しているものがあるので、そのようなクレジットカードを持っていくのがおすすめです。


ただ、国内旅行に強いクレジットカードとは言え、ノーマルカードの場合、付帯サービスが物足りなく感じることがあります。

そのように感じた場合には、国内旅行に強いゴールドカードを作ると良いでしょう。


ゴールドカードを選ぶ基準


多くのゴールドカードは、国内旅行に便利な特典が付いていますから、あまり意識せずにゴールドカードを作っても不便に感じることはほとんどありません。

でも、ゴールドカードの中には、国内旅行にそれほど役に立つサービスが付帯していないこともあります。そのため、国内旅行用にゴールドカードを作る際は、以下の内容をチェックしておきたいですね。


1.国内空港ラウンジが利用できるか
2.国内旅行傷害保険が充実しているか
3.旅行特典が付いているか
4.ポイントやマイルの還元率が優秀か


国内空港ラウンジが利用できるか


ほとんどのゴールドカードには、国内の主要空港のラウンジを無料で利用できる特典が付いています。

ゴールドカード=空港ラウンジ

と言っても過言ではありません。年会費が1万円程度のゴールドカードであれば、まず空港ラウンジサービスが付帯していないことはありませんが、年会費の安いゴールドカードだと空港ラウンジが使えなかったり、利用回数に制限があったりします。

そのため、空港ラウンジサービスの利用を目的にゴールドカードを作る場合は、年会費が1万円程度のゴールドカードを選ぶのがおすすめです。


国内旅行傷害保険が充実しているか


一般的なクレジットカードの場合、国内旅行傷害保険が付帯していないことが多いです。また、付帯していても、傷害死亡・後遺障害の補償のみのことが多く、ケガをして入院しても保険金を受け取れません。

多くのゴールドカードには、国内旅行傷害保険が付帯しています。そして、傷害死亡・後遺障害だけでなく、入院、手術、入院後の通院の場合に保険金が支払われるゴールドカードがほとんどです。

ただし、適用条件は、持っているだけで保険が適用される自動付帯のゴールドカードもあれば、ツアー代金やホテルの宿泊料金を前もってカード決済した場合に適用される利用付帯のゴールドカードもあります。

便利なのは自動付帯ですが、旅費は必ずクレジットカードで支払う方にとっては利用付帯でも不便に感じることはないでしょう。


旅行特典が付いているか


ゴールドカードには多くの特典が付いていますが、旅行に良く行く方は、旅行特典が多く付いているゴールドカードを選ぶのがおすすめです。

ツアー代金や宿泊料金が安くなる特典、客室のグレードアップができる特典、アミューズメントパークで利用できる優待特典など、旅先で得する特典があるゴールドカードは、旅好きの方だと利用機会が多いはずです。


ポイントやマイルの還元率が優秀か


今やクレジットカードで支払いをすると、ポイントやマイルが貯まるのは当たり前です。

ただ、どのクレジットカードでもポイントやマイルの還元率が同じではありません。ゴールドカードには、旅行代金の支払いでポイントやマイルの還元率が大幅にアップするものがありますから、旅行好きの方は、このようなゴールドカードを選んだ方がお得です。


おすすめのゴールドカード


JTB旅カード JCB GOLD



JTB旅カード JCB GOLDは、旅行会社大手のJTBが発行するJCBブランドのゴールドカードです。

年会費は15,000円(税別)と高めですが、JTBとJCBの両方のサービスが付帯しているので、国内であれば、多くの地域で活躍してくれます。


ポイント還元率は1.5%


JTB旅カード JCB GOLDは、どこで利用しても100円につきJTBトラベルポイントが1.5ポイント貯まります。

ほとんどのクレジットカードのポイント還元率が0.5%ですから、JTB旅カード JCB GOLDのポイント還元率1.5%は高水準と言えます。どこでJTB旅カード JCB GOLDを利用しても1.5%還元なので、多くのポイントを早期に貯めることが可能です。


JTBグループではポイント上乗せ


さらにJTB旅カード JCB GOLDは、JTBグループの販売店で利用すると、10,000円ごとに50ポイントが上乗せされます。

また、JTBのホームページでは、国内宿泊事前決済で1%、その他の決済で0.5%が加算されます。

JTBが運営する「るるぶトラベル」だと、宿泊予約もツアー予約も1%加算です。

したがって、JTB旅カード JCB GOLDで宿泊代金やツアー代金の支払いをすれば、最大2.5%のJTBトラベルポイントの獲得ができるので、旅費の大幅な節約が可能です。

なお、貯まったJTBトラベルポイントは、JTBホームページやるるぶトラベルでは100ポイント単位(100円相当)で利用できます。JTBグループのお店の場合は、1,000ポイント単位(1,000円相当)で利用できます。


JTB旅カード JCB GOLDのポイントプログラムの概要
ポイント還元

利用額100円ごとに1.5ポイント還元。

JTBグループの利用で1万円ごとに50ポイント上乗せ。

JTBホームページでの事前決済で、国内宿泊は1.0%、その他は0.5%のポイント上乗せ。


1ポイント=1円。

JTBホームページとるるぶトラベルは100ポイント単位、JTBグループのお店は1,000ポイント単位で利用可能。

ポイント
有効期限

確定ポイント積算日の翌年末(12/31)まで


国内旅行傷害保険は利用付帯


JTB旅カード JCB GOLDの国内旅行傷害保険は利用付帯です。

傷害死亡・後遺障害は最高5,000万円まで補償。入院保険金日額は10,000円、通院保険金日額は5,000円です。

入院中の手術は、入院保険金日額の10倍まで入院保険金が支払われます。


国内航空機欠航補償制度もあり


JTB旅カード JCB GOLDで支払った航空機を利用する国内募集型企画旅行または国内受注型企画旅行において、不測の事態により、利用予定便が欠航または着陸地変更および到着遅延によりカード会員本人が負担を余儀なくされた追加宿泊費用、追加交通費用などをカード会員1名あたり1フライトごとに15,000円を上限に補償されます。

万が一、国内旅行からの帰宅ができなくなった場合にも、経済的負担を軽減できますね。


JTB旅カード JCB GOLDの付帯保険の概要
国内旅行
傷害保険
(利用付帯)

傷害死亡後遺障害:最高5,000万円
傷害入院日額(最高180日):1万円
手術/1回:5万〜10万円
傷害通院日額(最高90日):5,000円

国内航空機
欠航補償制度

JTB旅カード JCB ゴールド会員本人が、旅行代金をJTB旅カード JCB ゴールドで支払った航空機を利用する国内募集型企画旅行または国内受注型企画旅行において、台風、雪、濃霧、ストライキ等の偶然な事由により、利用予定便が欠航または着陸地変更および到着遅延によりカード会員本人が負担を余儀なくされた追加宿泊費用・追加交通費用・追加食事費用をカード会員1名あたり1フライトごとに1万5千円を上限に補償。

海外旅行
傷害保険
(自動付帯)

傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円

傷害治療費用:300万円限度

疾病治療費用:300万円限度

賠償責任:1億円限度(免責1,000円)

携行品損害:50万円限度(免責3,000円)

救援者費用:400万円限度

旅行取消料
補償制度

JTB旅カード JCB ゴールド会員本人が、旅行代金をJTB旅カード JCB ゴールドで支払ったJTBグループ会社が企画・実施する海外募集型企画旅行について、一定期間以上入院するなど一定の事由によりキャンセルした場合、キャンセル費用の80%をカード会員1名あたり10万円を上限に補償。


補償対象は、カード会員またはカード会員の配偶者もしくは2親等内の親族まで。

ショッピング
ガード保険

国内・海外問わずカード利用で購入した品物を購入日から90日間補償。
年間500万円限度。
1事故の自己負担額3,000円。


その他の付帯サービス


JTB旅カード JCB GOLDには、国内主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを無料で利用できるのはもちろんのこと、その他にも旅に役立ち特典が用意されています。

レジャーグルメ施設会員割引サービスの「えらべる倶楽部ライフ」は、全国1万ヶ所のレジャーやグルメ施設などで優待特典を受けられます。

また、年6回購読できる会員誌のトラベル&ライフを無料で購読でき、読者限定プレゼントやお得なクーポンももらえます。


国内旅行に便利で、お得なゴールドカードをお探しなら、まずはJTB旅カード JCB GOLDの申込みを検討することをおすすめします。

なお、JTB旅カード JCB GOLDは通常券面の他にディズニーデザインの券面も選べます。


JTB旅カード JCB GOLDのその他の概要
国際ブランド

JCB

年会費(税別)

15,000円

えらべる倶楽部レジャーサービス

JTB旅カード裏面の「えらべる倶楽部レジャー」のマークを提示すると、JTBベネフィットが運営する「えらべる倶楽部」提携レジャー施設で割引特典を受けれます。利用できる施設や宿は国内約3,000ヶ所。

トラベル
&ライフ

JTB旅カード ゴールド会員誌「トラベル&ライフ」が年6回(偶数月)に無料で購読できます。読者限定プレゼント、お得なクーポン付。

空港ラウンジサービス

国内の主要空港内に加え、ダニエル・K・イノウエ国際空港内でも年中無休・無料で利用できます。

旅のインフォメーションサービス

海外旅行の出発前や海外旅行中にインフォメーションサービス、トラベルサービスを利用できます。

「Jiデスク(JTB旅カードデスク)」が海外55都市に設置されており、旅行中の病気やケガ、盗難、パスポート紛失などの様々なトラブルにスタッフが日本語で相談。

会員専用
デスク

JCBゴールド会員専用の通話料無料のゴールドデスクを利用可能。カードに関する全般的な問合わせなどについて案内しています。

家族カード 1枚目は年会費無料
2枚目以降は1人につき2,000円(税別)
最高8枚まで発行可能
ETCカード 年会費無料
申込み

ANA VISAワイドゴールドカード



ANA VISAワイドゴールドカードは、VISAブランドの全日空(ANA)のマイルが効率的に貯まるゴールドカードです。

三井住友カードのワールドプレゼントポイントも貯まり、しかも、ポイントをマイルに移行することもできます。


お得なボーナスマイル


ANA VISAワイドゴールドカードは、ANAグループ便に搭乗のたびに通常のフライトマイルに加え、区間基本マイルが25%割り増しとなります。

これだけでも、ANAを利用することが多い方なら多くのマイルを獲得可能ですが、ANA VISAワイドゴールドカードは、入会時と毎年のカード継続時にも2,000マイルがプレゼントされるので、持っているといないとでは、マイルの貯まり方が全然違ってきます。

しかも、ANAカードマイルプラス提携店・対象商品の利用の際、ANA VISAワイドゴールドカードで支払えば、100円につき1マイル、もしくは、200円につき1マイルが積算されます。


無料でポイントをマイルに移行可能


ANA VISAワイドゴールドカードは、1,000円のカード利用ごとにワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まります。

ワールドプレゼントポイントは、1ポイントを10マイルに移行できます。つまり、1,000円のカード利用で10マイルの計算ですから、100円で1マイルの積算と実質的に同じです。

なお、ボーナスポイントやプレミアムポイントは、1ポイントを3マイルに移行となります。

ANA VISAワイドゴールドカードが、一般カードやワイドカードよりもお得なのは、1ポイントを10マイルに移行する際に手数料が無料となることです。

一般カードやワイドカードだと、年間6,000円(税別)の手数料が必要ですから、この手数料が不要になるだけでも、ANA VISAワイドゴールドカードに申込む価値があると言えます。


ANA VISAワイドゴールドカードのポイントとマイルの概要
ポイント
プログラム
利用金額1,000円ごとに1ポイント還元。
1ポイントは約5円の価値(交換する商品や移行するポイントサービスによって1ポイントの価値は異なります)。
ポイント有効期限は3年。
ボーナス
ポイント

前年度の利用累計額に応じてボーナスポイントを付与。


300万円以上 「V3」
50万円で300ポイント。以降10万円ごとに60ポイント。


100万円以上300万円未満 「V2」
50万円で150ポイント。以降10万円ごとに30ポイント。


50万円以上100万円未満 「V1」
50万円で100ポイント。以降10万円ごとに20ポイント。

ANAマイレージ

ANAカードマイルプラス提携店・対象商品を利用の際、ANAカードでの支払いで100円=1マイルまたは200円=1マイルを還元。

ANAマイレージ移行

10マイルコース
獲得ポイント:1ポイント=10マイル
ボーナスポイント・プレミアムポイント:1ポイント=3マイル
移行手数料:無料

ボーナス
マイル

入会時:+2,000マイル

毎年のカード継続時:+2,000マイル

ANAグループ便搭乗のたびに通常のフライトマイルに加えて区間基本マイレージの+25%積算


国内旅行傷害保険は自動付帯


ANA VISAワイドゴールドカードの国内旅行傷害保険は自動付帯なので、持っているだけで保険が適用されます。

傷害死亡・後遺障害は最高5,000万円、入院保険金日額は5,000円、通院保険金日額は2,000円、手術保険金は最高20万円です。


国内航空傷害保険もあり


さらに航空機に乗客として搭乗中、日本国内でケガをした場合に補償される国内航空傷害保険も自動付帯です。

傷害死亡・後遺障害は最高5,000万円、入院日額は10,000円、通院日額は2,000円、手術費用は最高10万円です。


ANA VISAワイドゴールドカードには、他にも海外旅行傷害保険(自動付帯)、国内航空便遅延保険(利用付帯)、お買物安心保険も付帯しています。


ANA VISAワイドゴールドカードの付帯保険の概要
国内旅行
傷害保険

傷害死亡:5,000万円
傷害後遺障害:200万〜5,000万円
傷害入院日額(最高180日):5,000円
手術/1回:最高20万円
傷害通院日額(最高90日):2,000円

国内航空
傷害保険

傷害死亡:5,000万円
傷害後遺障害:200万〜5,000万円
傷害入院日額(最高180日):1万円
手術/1回:5万〜10万円
傷害通院日額(最高90日):2,000円

国内航空便
遅延保険

乗継遅延費用:2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用:1万円
手荷物遅延費用:1万円
手荷物紛失費用:2万円

海外旅行
傷害保険

傷害死亡:5,000万円
傷害後遺障害:200万〜5,000万円
傷害・疾病治療費用:150万円
賠償責任(一事故の限度額):2,000万円
携行品損害(一旅行かつ年間の限度額):50万円
救援者費用(年間の限度額):100万円

ショッピング
補償

年間300万円までのお買物安心保険付帯。


割引サービス


ANA VISAワイドゴールドカードの会員は、国内線・国際線の機内販売がカード決済で10%割引になります。さらに空港内免税店で最高10%割引、高島屋SHILLA&ANAで最高10%割引を受けることもできます。

他に空港内店舗「ANA FESTA」やハウステンボス内の指定店舗などで5%割引を受けられます。


年会費割引


ANA VISAワイドゴールドカードの年会費は、14,000円(税別)と高額ですが、マイルの移行手数料6,000円(税別)が不要になることを考えると割安です。

さらに紙の請求明細書を受け取らず、WEB上でカード利用額を確認する「カードご利用代金WEB明細書サービス」に申込めば、年会費が1,000円割引となります。

なお、ANA VISAワイドゴールドカードは、VISA以外にMasterCardを選ぶこともできます。


全日空(ANA)のマイルを貯めていて、充実した保険や旅行特典のあるゴールドカードを探している方は、ANA VISAワイドゴールドカードの申込みをおすすめします。


ANA VISAワイドゴールドカードのその他の概要
国際ブランド

VISA、MasterCard

年会費(税別) 14,000円
カードご利用代金WEB明細書サービスの登録で1,000円割引
空港ラウンジ
サービス

全国の空港でラウンジが無料で利用できます。

家族カード

1枚につき年会費4,000円(税別)

ETCカード

年会費:500円(税別)

※初年度会費無料。2年目以降も前年度に1回以上のETC利用があれば年会費無料。

申込み

TOKYU CARD ClubQ JMBゴールド



TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドは、TOKYU POINTと日本航空(JAL)のマイルが貯まるゴールドカードです。

ゴールドカードとしては年会費が6,000円(税別)と安く、持つことに経済的負担を感じにくい魅力があります。


様々なシーンで貯まるTOKYU POINT


TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドは、カード利用額の1%のTOKYU POINTが還元されます。一般的なクレジットカーの場合、ポイント還元率は0.5%が多いので、TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドは比較的ポイント還元率が高率のゴールドカードと言えます。

東急線では、駅券売機でPASMO定期券を購入してもポイントが貯まります。1、3、6ヶ月定期券の購入は1.0%還元、東急線いちねん定期だと3.0%ものポイントがもらえます。

また電子マネーのPASMOへのオートチャージサービスを利用すると1.0%のポイント還元、他に世田谷線ノッテチャージサービス、東急バスノッテチャージサービスの利用でも1.0%のポイントが貯まります。

さらに東急グループ・提携企業のお店では、カードの提示で最大10%のポイントが加算されます。

他に「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」に登録した翌日から、東急線の定期区間内で降りると、「のるる」が10のるる貯まります。登録したICカードで東急線各駅の自動改札を通って降りた場合には、20のるるが貯まります。


TOKYU ROYAL CLUBメンバーに加入すればもっとポイントが貯まる


TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドの会員になり、TOKYU ROYAL CLUBメンバーに登録すると、TOKYU POINTの還元率がアップします。

PASMO定期券は、1、3、6ヶ月だと2.0%の還元率です。東急線いちねん定期は、TOKYU ROYAL CLUBメンバーのステージによって異なり、シルバーステージは5.0%、ゴールドステージは7.0%、プラチナステージなら破格の10.0%のポイント還元率に上がります。

また、PASMOオートチャージサービス、ノッテチャージサービスは2.0%の還元率にアップします。

なお、TOKYU ROYAL CLUBメンバーは入会費も年会費も無料です。メンバーステージは、東急グループの商品やサービスの利用状況に応じて変わります。

TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドが自宅に届いたら、TOKYU ROYAL CLUBメンバーにも必ず登録しておきましょう。


ポイントチャージがあるのでポイント消化がしやすい


TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドの利用で貯めたTOKYU POINTは、1ポイントを1円として、10ポイント単位で電子マネーのPASMOにチャージできます。

10ポイント単位でのチャージが可能なので、ポイントの消化がしやすく、有効期限が来て失効する危険が低いのが魅力です。


JALマイルとコンフォートメンバーズポイントも貯まる


TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドは、JALグループ航空会社および、JMB提携航空会社の搭乗でJALマイルが貯まります。

JALマイルは、10,000マイルを10,000TOKYU POINTに交換可能です。2,000TUKYU POINTを1,000マイルに交換することもできます。

また、コンフォートメンバーズ機能付きのTOKYU CARD ClubQ JMBゴールドであれば、全国の東急ホテルズの宿泊やホテル内レストランの利用で、コンフォートメンバーズポイントが100円ごとに5ポイント貯まります。コンフォートメンバーズポイントは1ポイントを1円分としてホテルで利用可能です。


TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドのポイントとマイルの概要
TOKYU
ポイント

クレジットカード利用額の1.0%のTOKYU POINTを還元。

TOKYUポイント加盟店でのカード利用で最大10.0%のポイント還元。


PASMO定期券購入
東急線いちねん定期=3.0%
1・3・6か月定期券=1.0%


オートチャージ
PASMOオートチャージサービス、世田谷線ノッテチャージサービス、東急バスノッテチャージサービスの利用で1.0%還元。


有効期限:最長3年

のるレージ

東急線の定期区間内で降りたら、10のるる還元。

登録したICカードで東急線各駅の自動改札を通って降りたら、20のるる還元。


有効期限は、獲得した月の翌年同月末まで。

コンフォート
メンバーズ
ポイント

コンフォートメンバーズ機能付き(国際ブランドはMasterCard)の場合、コンフォートメンバーズポイントが貯まります。


全国の東急ホテルズでの宿泊、ホテル内レストランやバーでの利用金額100円(サービス料込・税別)ごとにコンフォートメンバーズポイント5ポイントが貯まります。


1ポイントを1円としてホテルの支払いに利用可能。


「TOKYU POINT移行サービス」に申し込むとコンフォートメンバーズポイントをTOKYUポイントに移行できます。


移行条件:毎月15日時点残高が2,000ポイント以上
移行単位:2,000ポイントごと
移行レート:1コンフォートポイント=1TOKYUポイント


有効期限は各ポイントが加算された日から翌々年の12月31日まで(最長3年)

JALマイル

JALグループ航空会社およびJMB提携航空会社の搭乗でマイルが貯まります。また、JMB提携ホテルの利用、レンタカー、宅配サービス、JALグループのパッケージツアーでもマイルが貯まります。


マイルとTOKYUポイントは相互交換できます。

2,000TOKYUポイント→1,000マイル

10,000マイル→10,000TOKYUポイント


国内旅行傷害保険は家族特約付き


TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドには、国内旅行傷害保険が付帯しています。利用付帯なので、旅行代金を事前にカード決済することが国内旅行傷害保険適用の条件となります。

傷害死亡・後遺障害は最高3,000万円、入院日額は5,000円、通院日額は3,000円です。

TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドの国内旅行傷害保険には、家族特約も付いており、会員と生計を共にする同居の親族は補償の対象となります。家族特約の補償内容は、傷害死亡・後遺障害が最高1,000万円ですが、その他は本会員と同様の補償を受けることができます。

その他の保険として、海外旅行傷害保険、ショッピングプロテクトも付帯しています。


TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドの付帯保険の概要
国内旅行
傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害:最高3,000万円
入院保険金日額:5,000円
通院保険金日額:3,000円

会員と生計を共にする同居の家族には、家族特約が適用されます。
傷害死亡・後遺障害:最高1,000万円
入院保険金日額:5,000円
通院保険金日額:3,000円
海外旅行
傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害:1億円
傷害・疾病治療費用:200万円
賠償責任(一事故の限度額):2,000万円(免責1,000円)
携行品損害:一事故30万円限度、旅行期間中100万円限度(免責3,000円)
救援者費用(年間の限度額):100万円
ショッピング
プロテクト

カードで購入した物品が、購入日から90日以内に盗難・破損などにより損害が生じた場合に修理費用もしくは購入費用を補償。
300万円限度、1回の事故につき10,000円の自己負担。


家族カードの年会費は1,000円(税別)


TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドの年会費は、6,000円(税別)と他のゴールドカードよりも割安ですが、家族カードもわずか年会費1,000円(税別)で持つことができます。

もしも、家族の誰かが新たにクレジットカードを申込むのであれば、TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドの家族カードを追加する方が年会費も安く、充実したサービスも受けられるのでお得です。


家族全員が東急線に乗車することが多いのであれば、TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドに申込むことをおすすめします。


TOKYU CARD ClubQ JMBゴールドのその他の概要
国際ブランド

VISA、MasterCard

※コンフォートメンバーズ機能付はMasterCardのみ

年会費(税別)

6,000円

空港ラウンジ
サービス

提携カード会社の空港ラウンジを無料で利用できます。

家族カード

年会費1,000円(税別)

ETCカード

発行手数料、年会費無料。

申込み

三菱地所グループCARD ゴールド



三菱地所グループCARD ゴールドは、三菱地所の商業施設、駐車場、美術館などで割引や優待特典が受けられるゴールドカードです。


提携施設ではポイント3倍還元


三菱地所グループCARD ゴールドは、カード利用100円ごとに三菱地所グループポイントが1ポイント貯まります。

さらにプレミアム・アウトレットやロイヤルパークホテルなど、三菱地所グループの各提携施設では、100円につき3ポイント還元と、通常のカード利用の3倍三菱地所グループポイントを貯めやすくなっています。

三菱地所グループポイントは、1,000ポイント貯めると、三菱地所グループ共通ギフトカード1,000円分と交換できますから、プレミアム・アウトレットやロイヤルパークホテルなどをさらにお得に利用できます。

三菱地所グループCARD ゴールドは、入会特典として3,000ポイントがプレゼントされるので、すぐに三菱地所グループ共通ギフトカードと交換して各施設で利用できるのがありがたいですね。


三菱地所グループCARD ゴールドのポイントプログラムの概要
ポイント還元

100円(税込)のカード利用ごとに三菱地所グループポイントが1ポイント貯まります。
提携施設でのカード利用はポイント3倍還元。
ETC利用で1.5倍還元。


三菱地所グループポイントは、1,000ポイントごとに三菱地所グループの共通ギフトカードと交換できます。

ポイント
有効期限

ポイント獲得日から1年間。


優待特典が盛りだくさん


プレミアム・アウトレットをはじめ、全国の提携施設で利用すると決済金額から、さらに請求時に割引になるセールが年数回開催されます。

また、三菱地所グループ各提携施設でのショッピングや飲食が最大20%OFF、全国のプレミアム・アウトレットで年数回5%OFFセール開催、全国のロイヤルパークホテルズでの飲食が5%OFFといった優待特典も用意されています。

三菱地所グループCARD ゴールドの会員は、これらの優待特典を利用できるので、三菱地所の提携施設をよりお得に利用可能です。


三菱地所グループCARD ゴールドの優待特典の概要
会員限定セール

プレミアム・アウトレットをはじめ、全国の提携施設で利用すると決済金額から、さらに請求時に割引になるお得なセールを年数回開催します。

優待特典

三菱地所グループ各提携施設で優待特典を受けられます。
ショッピングや飲食が最大20%OFF。
全国のプレミアム・アウトレットで年数回5%OFFセール開催。
全国のロイヤルパークホテルズでの飲食が5%OFF。

空港ラウンジ

国内の主要空港のラウンジを無料で利用できます。


国内旅行傷害保険は最高5,000万円


三菱地所グループCARD ゴールドには、最高5,000万円まで補償される国内旅行傷害保険が付帯しています。

他に最高5,000万円の海外旅行傷害保険、年間限度額300万円のショッピングパートナー保険も付帯しています。


三菱地所グループCARD ゴールドの付帯保険の概要
国内旅行
傷害保険

最高5,000万円

海外旅行
傷害保険

最高5,000万円
家族特約付帯

ショッピングパートナー保険

カードで購入した商品が購入日から90日以内に破損、盗難などにより損害をこうむった場合に補償。
年間限度額:00万円
一事故の自己負担額:3,000円


家族カードが無料


三菱地所グループCARD ゴールドの国際ブランドはVISAです。

年会費は10,000円(税別)ですが、家族カードの年会費は無料なので、家族で持ちやすいゴールドカードとなっています。

家族でプレミアム・アウトレットなど、三菱地所グループの提携施設を利用することが多い方は、三菱地所グループCARD ゴールドの申込みを検討すると良いでしょう。


三菱地所グループCARD ゴールドのその他の概要
国際ブランド

VISA

年会費(税別)

10,000円

家族カード

年会費無料

ETCカード

新規発行手数料:VISA=1,000円(税別)
年会費:無料

申込み

シェルスターレックスゴールドカード



マイカーでの国内旅行が多い方なら、シェルでのガソリン代がお得になるシェルスターレックスゴールドカードがおすすめです。


ガソリン代は最大14円/L引き


シェルスターレックスゴールドカードは、6ヶ月間のカード利用額に応じて、シェルでのガソリン代の割引額が変動します。

6ヶ月間のカード利用額が12万円未満の場合、リッター当たり、レギュラーは2円引き、ハイオクは4円引きです。

これだけでも、まずまずの割引率ですが、カード利用額が増えるに連れて、レギュラーは、3円、4円、6円と割引率が上がっていき、60万円以上のカード利用になると8円引きまでアップします。

ハイオクだと、カード利用額に応じて、6円、9円、11円と上がり、60万円以上になると13円もの割引になります。

しかも、カードの利用明細をWEB上で確認する「ご利用明細ネット切替サービス」に登録すれば、1円/L還元されます。つまり、レギュラーなら最大9円/L引き、ハイオクなら破格の14円/L引きになり、給油代を大幅に節約できます。

割引になるのは、月間350Lまでなので、レギュラーなら最大3,150円、ハイオクなら最大4,900円の給油代を安くできます。


シェルスターレックスゴールドカードの給油割引の概要
給油割引

6ヶ月間のカード利用金額に応じてガソリン・軽油代が以下のように還元されます。


60万円以上:ハイオク=13円/L、レギュラー・軽油=8円/L

60万円未満:ハイオク=11円/L、レギュラー・軽油=6円/L

42万円未満:ハイオク=9円/L、レギュラー・軽油=4円/L

30万円未満:ハイオク=6円/L、レギュラー・軽油=3円/L

12万円未満:ハイオク=4円/L、レギュラー・軽油=2円/L


WEB明細サービス「ご利用明細ネット切替サービス」の登録でさらに1円/L還元されます。

WEB明細サービス登録による1円/L追加還元を含む還元単価の適用は、シェルスターレックスカード加盟SSで給油した総給油量350L(毎月)までです。


国内旅行傷害保険は利用付帯


シェルスターレックスゴールドカードの国内旅行傷害保険は、事前に旅行代金をカード決済すると適用される利用付帯です。

傷害死亡・後遺障害の補償は最高5,000万円、入院保険金日額は5,000円、通院保険金日額は2,000円、手術保険金は最高20万円です。

補償額は、多くのゴールドカードと同水準ですね。

国内旅行傷害保険以外の保険には、最高5,000万円の海外旅行傷害保険、年間限度額300万円までのショッピングパートナー保険が付帯しています。


シェルスターレックスゴールドカードの付帯保険の概要
国内旅行
傷害保険
(利用付帯)

傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円

傷害入院日額:5,000円

手術/1回:200万円限度

傷害通院日額:2,000円

海外旅行
傷害保険
(自動付帯)

傷害死亡・後遺障害:最高5,000万円

傷害治療費用:200万円限度

疾病治療費用:200万円限度

賠償責任:3,000万円限度

携行品損害:1旅行50万円限度
(年間100万円限度、免責3,000円)

救援者費用:200万円限度

ショッピングパートナー保険

カードにて購入した商品が購入日から90日以内に事故や火災で損害をこうむった場合、あるいは、盗難にあった場合に300万円まで補償。ただし、一事故の自己負担額3,000円。

ネットセーフティサービス

オンライン取引での不正利用による損害を補償。


Shell EasyPayでカード入らずで給油


シェルスターレックスゴールドカードの会員は、シェルでの給油の際に読み取り機にかざすだけで決済できるICキーホルダーのShell EasyPay(シェル イージーペイ)を申込めます。

給油だけでなく、灯油、エンジンオイル、タイヤなどのカー用品の支払いにも使えるので、シェルでの支払いにカードや現金を用意する手間がなく便利です。


家族カードは年会費無料


シェルスターレックスゴールドカードの年会費は12,000円(税別)ですが、年間のカード利用額が240万円以上で年会費が無料になります。

家族カードは、年会費無料です。そのため、家族がクレジットカードを新規で作るのであれば、シェルスターレックスゴールドカードの家族カードを作った方が、付帯サービスも充実し年会費もお得です。


マイカーでのお出かけが多く、普段はシェルで給油しているという方は、シェルスターレックスゴールドカードの申込みをおすすめします。


シェルスターレックスゴールドカードのその他の概要
国際ブランド

VISA、MasterCard

年会費(税別)

12,000円

※年間240万円以上のカード利用で翌年度年会費無料。初年度は220万円以上のカード利用で年会費無料。

海外アシスタンスサービス

世界各都市に用意された海外アシスタンスサービス「ハローデスク」を利用できます。現地情報の提供、レストランの予約など、現地スタッフが日本語で対応。

ゴールドデスク

24時間年中無休で健康や介護に関する相談を電話でできます。

空港ラウンジサービス

国内の主要空港で空港ラウンジサービスを利用できます。ソフトドリンクサービスや新聞・雑誌の閲覧などのサービスを利用可。

Shell EasyPay(シェル イージーペイ)

非接触型のICキーホルダーをクレジットカード代わりに読み取り機にかざすだけで給油ができるShell EasyPay(シェル イージーペイ)を年会費無料で利用できます。

家族カード

年会費無料

ETCカード

年会費無料

申込み