国内旅行、出張、宿泊予約に便利で、しかもお得なクレジットカードを紹介しています。マイルやポイントを賢く貯めて旅行代や出張費を節約。

国内旅行、出張、宿泊予約にお得なクレジットカード


国内に旅行や出張で出かける際、持って行った方が良いのがクレジットカードです。

旅先では、急な支出が発生する場合がありますから、事前に用意していた現金では不足することがあります。


気に入ったお土産を見つけて、それを買おうと思ったら財布の中に現金がなかった


という経験は、何度も旅行をしている人だと、少なからずあると思います。

もしも、その時、クレジットカードがあれば、旅先でお土産を買えたはずです。また今度訪れた時に買おうと思っても、次はいつになるかわかりません。

また、現地で病気やケガをした場合も、予想していない出費が発生します。お土産なら買わないという選択もできますが、治療をしないという選択はできません。このような予想外のトラブルに備えるためにも、旅行の際にはクレジットカードを持っていくことをおすすめします。


クレジットカードを選ぶ基準


国内旅行に持っていくためにクレジットカードを作る場合は、以下の点に注意することが大切です。


1.クレジットカードの国際ブランド
2.国内旅行傷害保険の内容
3.旅行特典の有無
4.ポイントやマイルの還元率


クレジットカードの国際ブランド


国内の場合は、クレジットカードの国際ブランドをそれほど気にする必要はありません。VISA、MasterCard、JCB、AMEX、これら4種類であれば、どのブランドを選んでも、多くのお店で利用可能です。

ただし、ダイナースクラブは使えないお店があるので、旅先では、他に上記のどれかのブランドのクレジットカードを持って行った方が良いです。


国内旅行傷害保険の内容


クレジットカードには、国内旅行傷害保険が付帯しているものがあります。傷害死亡・後遺障害、入院保険金、通院保険金、手術保険金の4種類が付帯していることが多いです。

国内旅行傷害保険は、旅行中にケガをし治療を受けた場合に保険金が支払われます。現地で病気になった場合は補償の対象外です。

また、国内旅行傷害保険には、旅行前に何らの手続きを必要としない自動付帯と旅行前にツアー代金や宿泊代金などを事前にクレジットカードで支払った場合に適用される利用付帯があります。使い勝手が良いのは自動付帯ですが、利用付帯となっているクレジットカードが多いです。

国内旅行傷害保険は付帯している方が安心ですが、ほとんどの日本人が健康保険に入っていますから国内旅行傷害保険が付帯していなくても、多額の医療費を負担することは滅多にありません。

また、医療保険や傷害保険に別途加入している場合も、旅行中のケガによる治療費が補償されますから、国内旅行傷害保険が付帯しているかどうかは、それほど重要な要素ではありません。


旅行特典の有無


クレジットカードは、買物代金の支払手段という目的の他にも、様々な特典が用意されています。

それら特典の中には、お得に旅行できたり、旅先で役立つサービスを利用できたりするものもあります。国内旅行や出張で持っていきたいクレジットカードは、当然、旅行特典が付いているクレジットカードです。


ポイントやマイルの還元率


多くのクレジットカードには、ポイントプログラムが付帯しています。100円で1ポイント、200円で1ポイントなど、クレジットカードによってポイント還元率は異なりますが、旅行に特化したクレジットカードの場合は、ツアーの申込みやホテルの予約で多くのポイントがもらえます。

また、航空機に搭乗するとより多くのマイルがもらえるクレジットカードもあります。


上記4点を考慮して、国内の旅行や出張に役立つクレジットカードを選ぶのがおすすめですが、全ての人に合うクレジットカードは滅多にありません。

人によって住んでいる地域、職業、ライフスタイルが異なりますから、旅行特典が充実しているクレジットカードの中から、自分自身に合ったクレジットカードを選びましょう。


おすすめのクレジットカード


JTB 旅カード



JTB 旅カードは、旅行会社大手のJTBが発行するクレジットカードです。

もちろん、旅行会社が発行するクレジットカードなので、旅行にお得なサービスが付帯しています。

年会費は1,600円(税別)。家族カードは3枚まで発行可能で1枚につき年会費が500円(税別)です。

選べる国際ブランドは、VISAかMasterCardです。


JTBトラベルポイントは1%以上還元


JTB 旅カードは、100円の利用ごとにJTBトラベルポイントが1ポイント貯まります。

さらにJTBグループの販売店では、10,000円ごとに50ポイントが上乗せされます。また、JTBホームページで国内宿泊事前決済をすれば1%、その他の事前決済では0.5%のポイントが加算されます。

JTBが運営する宿泊予約サイトのるるぶトラベルでも、JTBトラベルポイントが加算されます。るるぶトラベルでは、宿泊予約もツアー予約も1%のポイント加算です。

貯まったJTBトラベルポイントは1ポイントを1円として旅行代金の支払いに充当できます。ただし、ポイントの利用には利用単位が設定されています。


JTBホームページ・るるぶトラベル=100ポイント単位(100円相当)
JTBグループのお店=1,000ポイント単位(1,000円相当)


国内旅行傷害保険


JTB 旅カードには、利用付帯ですが、国内旅行傷害保険が付帯しています。

補償内容は、傷害死亡・後遺障害の場合に最高1,000万円です。


JTB 旅カードの概要
国際ブランド

VISA、MasterCard

年会費(税別)

1,600円

ポイント還元

利用額100円ごとに1ポイント還元。

JTBグループの利用で1万円ごとに50ポイント上乗せ。

JTBホームページでの事前決済で、国内宿泊は1.0%、その他は0.5%のポイント上乗せ。

るるぶトラベルは1.0%上乗せ。


1ポイント=1円。

JTBホームページは100ポイント単位、JTBグループのお店は1,000ポイント単位で利用可能。

国内旅行
傷害保険
傷害死亡後遺障害:最高1,000万円
その他 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
年間150万円限度のショッピング保険
旅のインフォメーションサービス
海外24時間日本語緊急電話サポート
レジャーグルメ施設会員割引サービス
家族カード(年会費500円+税)
ETCカード(年会費無料)
申込み


JTB 旅カード Visa/Mastercard スーパーロード


JTB 旅カードには、ロードサービスが付帯したJTB 旅カード Visa/Mastercard スーパーロードもあります。

国際ブランドは、VISAかMasterCardから選べ、年会費は2,000円(税別)です。家族カードの年会費は1,000円(税別)です。

JTB 旅カード Visa/Mastercard スーパーロードは、JTB 旅カードの付帯サービスに加えて、以下のロードサービスも利用できます。年会費をわずか400円プラスするだけでロードサービス付きになるので、マイカーでの旅行や出張が多い方だと、JTB 旅カード Visa/Mastercard スーパーロードの方がお得です。


JTB 旅カード Visa/Mastercard スーパーロードのロードサービス
レッカー
サービス

事故・故障により、車が自力走行不能の場合に最寄りの整備工場まで牽引(15kmまで)。

鍵開け

鍵の紛失や閉じこみの場合に開錠作業を行います。

バッテリー
あがり

ケーブルを接続してエンジンをかけるジャンピング作業を行います。

スペアタイヤ交換

タイヤがパンクした場合、スペアタイヤ1本までの交換作業が無料。

ガス欠

ガス欠の場合、現場で給油作業を行います。

クイックサービス

故障、事故車の現場対応可能な応急修理作業(30分以内の軽作業)を行います。

帰宅費用
サポート

自宅から100km(直線距離)以上離れた場所での事故、故障の場合で24時間以内にやむを得ず電車、タクシー、バス等の交通手段を利用し帰宅する場合、20,000円(税込)を限度に交通費を負担します。

緊急宿泊費用
サポート

自宅から100km(直線距離)以上離れた場所での事故、故障の場合で宿泊を要する場合、15,000円(税込)を限度に宿泊料金を負担します。

送迎サービス

最寄りの公共交通機関または緊急宿泊サポートによる宿泊施設までの送迎または公共交通機関料金をサービス。

レンタカー
サービス

代替車両として、セディナ指定のレンタカーの手配を行います。利用可能車両は、1,800ccまでの同等クラスとし、24時間以内の利用を無料サービス。

申込み


JTB旅カード JMB


ロードサービスに加えて、さらにJALマイルも貯まり、ホームアシスタンスも付いているのがJTB旅カード JMBです。もちろん、JTB 旅カードに付帯しているサービスも付いています。

国際ブランドはJCBで、年会費は、本会員が2,000円(税別)、家族会員が1,000円(税別)です。国際ブランドはJTB 旅カード Visa/Mastercard スーパーロードとは異なりますが、年会費は同じです。

したがって、国際ブランドを気にしないのであれば、JTB旅カード JMBの方がお得です。なお、JTB旅カード JMBのロードアシスタンス、ホームアシスタンス、JALマイルの詳細は以下になります。


JTB旅カード JMBに追加されるサービス
レッカー
サービス

事故・故障により、車が自力走行不能の場合に最寄りの整備工場まで牽引(30kmまで)。

鍵開け

鍵の紛失や閉じこみの場合に開錠作業を行います。

バッテリー
あがり

ケーブルを接続してエンジンをかけるジャンピング作業を行います。

スペアタイヤ交換

タイヤがパンクした場合、スペアタイヤ1本までの交換作業が無料。

ガス欠

現場で10リットル程度の給油作業を行います。

その他 現場対応/応急修理

各種オイル漏れ点検、ボルト締め付け、パーキング ブレーキ固着解除など、現場対応が可能な30分程度の応急作業を行います。作業にかかる部品代は対象外。

帰宅費用
サポート

事故、故障により移動手段がなく公共機関を利用した場合、立替費用を後日領収書を元に返金。

緊急宿泊費用
サポート

事故、故障などによりトラブル当日1泊の宿泊を要する場合、宿泊施設を確保し、かかった費用を後日返金。

車両回送
サービス

修理後の車を自宅へ回送致。もしくは本人引取りによる1名分の片道交通費を後日領収書を元に返金。

レンタカー
サービス

レンタカー費用を精算。かかった費用は後日立替払いした領収書を元に返金。

ホームアシスタンス

水廻り・鍵・ガラスのトラブル・緊急対応、医療健康相談、法律相談サービス、食生活相談サービス、年金・税金相談サービスを無料で利用できます。

マイル還元

JALグループ便の搭乗でフライトマイルが貯まる他、JALグループのホテルに宿泊、JAL国際線付帯サ―ビスやJMB提携企業の各種サービス利用でもマイルが貯まります。


また、通常のフライトマイルが積算される日本発着のJALグループ国際線利用の「ルックJTB」「JTBグランドツアー」の全商品を対象にJALツアーマイルが往復で500マイル貯まります。ただし、片道のマイル数は半分。

ポイントとマイルの相互交換

マイル→ポイント:10,000マイル→10,000ポイント

ポイント→マイル:5,000ポイント→2,500マイル


フライトマイルは2,000マイルから交換可能。
同一年度に交換できるマイル数は20,000マイル(2回まで)が上限。
ポイントから交換したマイルの有効期限は申込日の36ヶ月後の月末。
マイルから交換したポイントの有効期限は積算日の翌年末(12月31日)。

申込み

リクルートカード



リクルートカードは、カード利用で貯まるリクルートポイントの還元率が1.2%と高率です。

そして、リクルートが運営している「じゃらんnet」を利用してホテルの宿泊予約をすれば、2%のポイントが上乗せされます。つまり、じゃらんnetで国内宿泊予約をし、リクルートカードで宿泊代金を支払えば、リクルートポイントが3.2%還元されるのです。

貯めたリクルートポイントは、1ポイントを1円として、じゃらんnetなどのリクルートが運営しているサービスで利用できます。

しかも、リクルートポイントは、共通ポイントのPontaにも交換可能なので、ローソンなどの街のお店でも利用可能です。


「旅行でたくさんのポイントが貯まったけども、次の旅行の予定が当分ない」


そんな時でも、リクルートポイントをPontaに交換しておけばポイントの消化がしやすくなりますね。


電子マネーにチャージしてもポイントが貯まる


リクルートカードは、特定の電子マネーにチャージした場合でも、リクルートポイントが貯まります。クレジットチャージで貯まるポイントには、月間30,000円の利用までという上限が設定されていますが、上限まで電子マネーにチャージした場合でも360ポイントも獲得できるので有効に利用したいですね。

なお、ポイントが貯まる電子マネーは、国際ブランドによって異なります。


JCB = nanaco、モバイルSuica

MasterCard/VISA = nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA


リクルートカードのポイントプログラムの概要
ポイント還元

1.2%

1ポイント=1円

電子マネーにチャージ

月間30,000円までポイント加算

JCB = nanaco、モバイルSuica

MasterCard/VISA = nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

有効期限

ポイントが加算された月の12ヶ月後の月の月末。

ただし、当該有効期限までに新たにポイント利用対象取引を行った場合、当該利用に基づき新たに加算されるリクルートポイントの加算月の12ヶ月後の月の月末まで有効期限は延長。


国内旅行傷害保険は最高1,000万円


リクルートカードには、最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯しています。

適用条件は利用付帯ですが、年会費が無料で、傷害死亡・後遺障害の場合に最高1,000万円まで補償されます。

入院や通院の場合にも補償されるとありがたいのですが、年会費が無料で、高ポイント還元のクレジットカードですから、そこまでの補償を求めるのは贅沢でしょう。


リクルートカードは、国内旅行や出張の際のホテルや旅館予約で多くのポイントを獲得することを目的に持つのがおすすめです。旅行以外でも1.2%の還元率で、電子マネーへのチャージでもポイントが貯まりますから、日常的に利用する場合にも、おすすめのクレジットカードです。


リクルートカードの概要
国際ブランド

VISA、JCB、MasterCard

年会費

無料

旅行傷害保険

海外旅行=最高2,000万円(利用付帯)

国内旅行=最高1,000万円(利用付帯)

ショッピング
保険

年間200万円

ポイント還元

1.2%

1ポイント=1円

ETCカード

リクルートカード発行後に申込可。

新規発行手数料及び年会費無料。ただしVISAブランドは発行手数料1,000円(税別)が必要。

通行料金100円につき1.2ポイント付与。

マイレージサービスを受けられます。

時間帯によって割引制度あり。

申込み

ANA VISAカード



ANA VISAカードは、全日空(ANA)のマイルが貯まるクレジットカードです。旅行や出張の際にANAグループ便に搭乗することが多い方なら、通常のフライトマイルに加えてボーナスマイルも貯まるので、持っておきたいクレジットカードです。

ANA VISAカードの一般カードの年会費は、初年度が無料、2年目以降は2,000円(税別)です。選べる国際ブランドは、VISAの他にMasterCardもあります。


ボーナスマイルあり


ANA VISAカードは、各種のボーナスマイルがプレゼントされます。

入会時と毎年のカード継続時に1,000マイルをボーナスマイルとしてプレゼント。

また、ANAグループ便で貯まるフライトマイルには、割増ボーナスマイルが10%積算されます。

さらにANAカードマイルプラス提携店・対象商品の利用の際にANA VISAカードで支払うと、100円につき1マイル、または200円につき1マイルが積算されます。


ポイントも貯まる


ANA VISAカードは、日常の買い物でも、1,000円のカード利用ごとに三井住友カードのワールドプレゼントポイントが1ポイント貯まります。

ワールドプレゼントポイントは、商品券などと交換できますが、ANAマイルに移行することもできます。

移行レートは、1ポイント=5マイルです。ただし、ボーナスポイントやプレミアムポイントの場合は1ポイント=3マイルになります。

さらに移行レートを高くしたい方は、年間6,000円(税別)の移行手数料を支払えば、1ポイント=10マイルに上げることができます。


ANA VISA一般カードのマイルとポイントの概要
ポイント
プログラム

利用金額1,000円ごとに1ポイント還元。1ポイントは約5円の価値(交換する商品や移行するポイントサービスによって1ポイントの価値は異なります)。ポイント有効期限は2年。

ボーナス
ポイント

前年度の利用累計額に応じてボーナスポイントを付与。


300万円以上 「V3」:50万円で150ポイント。以降10万円ごとに30ポイント。


100万円以上300万円未満 「V2」:50万円で75ポイント。以降10万円ごとに15ポイント。


50万円以上100万円未満 「V1」:50万円で50ポイント。以降10万円ごとに10ポイント。

ANAマイレージ

ANAカードマイルプラス提携店・対象商品を利用の際、ANAカードでの支払いで100円=1マイルまたは200円=1マイルを還元。

ANAマイレージ移行

10マイルコース
獲得ポイント:1ポイント=10マイル
ボーナスポイント・プレミアムポイント:1ポイント=3マイル
移行手数料:6,000円+税/年度


5マイルコース
獲得ポイント:1ポイント=5マイル
ボーナスポイント・プレミアムポイント:1ポイント=3マイル
移行手数料:無料

ボーナス
マイル

入会時:+1,000マイル

毎年のカード継続時:+1,000マイル

ANAグループ便搭乗のたびに通常のフライトマイルに加えて区間基本マイレージの+10%積算


国内旅行傷害保険は自動付帯


ANA VISAカード一般カードには、国内旅行中の傷害死亡・後遺障害に対して最高1,000万円を補償する国内旅行傷害保険が付帯しています。

適用条件は、カード会員であれば適用される自動付帯なので、旅行や出張前に何らの手続きも必要ありません。

ただし、保険が適用されるのは、航空機搭乗中と飛行場構内のケガのみです。


ANA VISA一般カードの概要
国際ブランド VISA、MasterCard
年会費(税別) 2,000円(初年度無料)
カードご利用代金WEB明細書サービスの利用で1,500円
国内旅行
傷害保険
傷害死亡・後遺障害:1,000万円(自動付帯)
その他 最高1,000万円の海外旅行傷害保険(自動付帯)
ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA SKY WEB TOURが5%OFF
国内線・国際線機内販売10%OFF
家族カード(年会費1,000円+税)
ETCカード(年会費500円+税。初年度無料。前年1回以上の利用で無料)
申込み


ANA VISAワイドカード


ANA VISA一般カードのマイル積算率や保険が物足りないと感じる方は、ANA VISAワイドカードの申込みを検討してはいかがでしょうか?

年会費は7,250円(税別)と一般カードよりも5,000円以上高くなりますが、入会時と毎年のカード継続時のボーナスマイルは2,000マイル区間基本マイレージへの上乗せは25%と優遇されています。

また、国内旅行傷害保険は、最高5,000万円までの自動付帯です。

なお、ポイントプログラムとポイントのANAマイルへの移行については、ANA VISA一版カードと同じです。


ANA VISAワイドカードの概要
国際ブランド VISA、MasterCard
年会費(税別) 7,250円
カードご利用代金WEB明細書サービスの利用で6,750円
ボーナス
マイル

入会時:+2,000マイル

毎年のカード継続時:+2,000マイル

ANAグループ便搭乗のたびに通常のフライトマイルに加えて区間基本マイレージの+25%積算

国内旅行
傷害保険
傷害死亡・後遺障害:5,000万円
傷害入院日額(最高180日):1万円
手術/1回:5万〜10万円
傷害通院日額(最高90日):2,000円

その他 最高5,000万円の海外旅行傷害保険(自動付帯)
年間100万円までのお買物安心保険付帯
ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA SKY WEB TOURが5%OFF
国内線・国際線機内販売10%OFF
家族カード(年会費1,500円+税)
ETCカード(年会費500円+税。初年度無料。前年1回以上の利用で無料)
申込み


ANA VISAワイドゴールドカード


ANA VISA一般カードもANA VISAワイドカードも、ポイントをマイルに移行する際、10マイルコースを選ぶと年間6,000円(税別)の移行手数料がかかります。この移行手数料を無料にしたい方は、ANA VISAワイドゴールドカードを選ぶのがおすすめです。

年会費は14,000円(税別)と高くなりますが、ANA VISAワイドカードでも年会費と移行手数料を合計すれば13,781円(税別)になるので、それほど差はありません。

しかも、ANA VISAワイドゴールドカードだと、旅行傷害保険やショッピング補償が充実し、国内の主要空港のラウンジも無料で利用可能です。


ANA VISA カード/キャンペーン中


TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO



東急沿線にお住まいの方には、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOも国内旅行や出張に便利なクレジットカードです。

年会費は、初年度は無料、2年目以降は1,000円(税別)です。家族カードも初年度は無料で、2年目以降は300円(税別)です。国際ブランドは、VISAかMasterCardを選択できますが、コンフォートメンバーズ機能付きにする場合はMasterCardしか選べません。


TOKYU POINTが貯まる


カード利用で貯まるポイントはTOKYU POINTです。ポイント還元率は通常は0.5%ですが、ご利用代金Web明細サービスを利用すると1%にアップします。TOKYU POINT加盟店でのカード利用だと、最大10.0%の破格のポイント還元率になります。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOには、電子マネーのPASMOも付いており、貯めたTOKYU POINTは、10ポイント単位で10円分のPASMOにチャージ可能です。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOは、特に定期券購入がお得です。

東急線いちねん定期だと3.0%還元、1・3・6か月定期券でも1.0%還元なので、日頃、東急線で通勤している方だと、多くのポイント獲得が可能です。

さらにPASMOオートチャージサービス、世田谷線ノッテチャージサービス、東急バスノッテチャージサービスの利用でも1.0%のTOKYU POINTが貯まります。


TOKYU POINTの概要
TOKYU
POINT

TOKYU POINT加盟店でのカード利用で0.5%〜10.0%ポイント還元。


さらに「ご利用代金Web明細サービス」に登録すると、TOKYU POINT加盟店だけでなくTOKYU POINT加盟店以外でもクレジットカード利用で最大1.0%のプレミアムポイントが加算されます。

TOKYUポイント加盟店でのカード利用で最大10.0%のポイント還元。


PASMO定期券購入
東急線いちねん定期=3.0%
1・3・6か月定期券=1.0%


オートチャージ
PASMOオートチャージサービス、世田谷線ノッテチャージサービス、東急バスノッテチャージサービスの利用で1.0%還元。


有効期限:最長3年

のるレージ

東急線の定期区間内で降りたら、10のるる還元。

登録したICカードで東急線各駅の自動改札を通って降りたら、20のるる還元。


有効期限は、獲得した月の翌年同月末まで。


コンフォートメンバーズポイントも貯まる


国際ブランドにMasterCardを選んだ場合には、全国の東急ホテルズでの宿泊、ホテル内のレストランやバーの利用100円(税別)ごとにコンフォートメンバーズポイントが5ポイント貯まります。

コンフォートメンバーズポイントは2,000ポイント単位でTOKYU POINT2,000ポイントに移行可能です。


さらにJALマイルも貯まる


TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOは、さらにJALマイルも貯まります。

JALグループ航空会社やJMB提携航空会社の航空機に搭乗した時はもちろんのこと、JMB提携ホテルに宿泊したり、JALグループのパッケージツアーに申し込んだ場合もJALマイルが貯まります。

なお、JALマイルとTOKYU POINTは相互交換できます。

2,000TOKYUポイント→1,000マイル
10,000マイル→10,000TOKYUポイント


その他の付帯サービス


TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOには、利用付帯ですが、傷害死亡・後遺障害で最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯しています。

なお、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOのその他のサービスは以下になります。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOのその他のサービス
国内旅行
傷害保険

死亡・後遺障害:最高1,000万円

その他 最高1,000万円の海外旅行傷害保険
家族カード(年会費300円+税、初年度無料)
ETCカード(年会費無料)
申込み

三菱地所グループCARD



三菱地所グループCARDは、三菱地所グループ提携施設でポイントを貯めやすいクレジットカードです。

年会費は、1,250円(税別)ですが、初年度年会費は無料です。また、2年目以降も年間45,000円(税込)以上のカード利用があれば無料になります。


100円で2ポイント還元


三菱地所グループCARDは、100円のカード利用ごとに三菱地所グループポイントを1ポイント還元ですが、三菱地所グループの提携施設では100円で2ポイント還元にアップします。

提携施設は日本全国に多数あり、ロイヤルパークホテル、プレミアム・アウトレット、イムズなど、宿泊やショッピングに便利な施設を利用するたびに多くのポイント獲得が可能です。

マイカーで旅行に出かける方にとっては、ETCの利用でポイントが1.5倍還元にアップするのもお得です。

ポイント有効期限は獲得した日から1年間です。ポイントは、1,000ポイントごとに三菱地所グループで使える共通ギフトカードと交換できます。なお、ギフトカードには有効期限はありません


提携施設での優待サービスもあり


三菱地所グループCARDは、提携施設でのショッピングやお食事で最大20%割引になる特典も付いています。

また、駐車場料金も1時間無料。さらに美術館などでも優待割引を受けることができます。


三菱地所グループCARDの概要
国際ブランド

VISA

年会費(税別)

1,250円
初年度年会費無料。
2年目以降も年間カード利用額45,000円(税込)以上で無料。

ポイント還元

100円(税込)のカード利用ごとに三菱地所グループポイントが1ポイント貯まります。
提携施設でのカード利用はポイント2倍還元。
ETC利用で1.5倍還元。


三菱地所グループポイントは、1,000ポイントごとに三菱地所グループの共通ギフトカードと交換できます。

ポイント
有効期限

ポイント獲得日から1年間。

会員限定セール

プレミアム・アウトレットをはじめ、全国の提携施設で利用すると決済金額から、さらに請求時に割引になるお得なセールを年数回開催します。

優待特典

三菱地所グループ各提携施設で優待特典を受けれます。
ショッピングや飲食が最大20%OFF。
全国のプレミアム・アウトレットで年数回5%OFFセール開催。
全国のロイヤルパークホテルズでの飲食が5%OFF。

国内旅行
傷害保険

なし

その他 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
年間100万円限度のショッピングパートナー保険
家族カード(年会費400円+税、初年度無料)
ETCカード(新規発行費用1,000円+税、年会費無料)
申込み

シェル-Pontaクレジットカード



マイカーでの国内旅行が多い方で、ガソリン代をできるだけ節約したいと思っている方には、シェルのサービスステーションでの給油で多くのポイント獲得が可能なシェル-Pontaクレジットカードがおすすめです。

年会費は、1,250円(税別)ですが、初年度は無料、2年目以降も1回以上Ponta加入のシェルのSSを利用すれば無料になります。


1リットルの給油で2ポイント還元


シェル-Pontaクレジットカードを使って、シェルのSSでガソリンを給油すると、1リットルにつきPontaポイントが2ポイント貯まります

Pontaポイントは、シェルのSSはもちろんのこと、ローソンやじゃらんnetなど、Ponta提携店で1ポイントを1円として利用可能です。

旅行好きの方なら、じゃらんnetでホテルや旅館の予約をしてPontaポイントを貯め、さらにマイカーのガソリン給油でもPontaポイントを獲得できるので、シェル-Pontaクレジットカード1枚あれば、旅行のたびにPontaポイントがたくさん貯まっていきます。

なお、じゃらんnetでのPontaポイントの獲得は、予約金額の1%分ですが、じゃらん限定ポイントも1%分もらえるので、合計2%のポイント還元となります。加えて、シェル-Pontaクレジットカードでの支払いは100円につき1ポイント還元なので、じゃらんnetでの宿泊予約で獲得できる合計ポイントは3%相当となります。


PontaポイントはJALマイルに移行可能


さらにシェル-Pontaクレジットカードの利用で貯めたPontaポイントは、日本航空(JAL)のマイルに移行できます。

移行レートは、Pontaポイント2ポイントがJALマイル1マイルです。

マイカーでのお出かけが多い方だと、JALに乗ることは少ないかもしれませんが、定期的に航空機を使った出張がある方にとっては、PontaポイントをJALマイルに移行できるサービスはありがたいですね。


シェル-Pontaクレジットカードのポイントプログラムの概要
ポイント還元

シェルSSでのカード決済で給油1リットルにつき2ポイント還元

Ponta提携店でのカード利用でポイント上乗せあり。

VISA加盟店での利用100円ごとに1ポイント還元

JALマイルへの移行 2ポイント→1マイル
ポイント
有効期限
最終利用日から1年

Shell EasyPay(シェル イージーペイ)で給油が楽々


シェル-Pontaクレジットカードの会員は、Shell EasyPay(シェル イージーペイ)を年会費無料で利用できます。

Shell EasyPayは、非接触型のICキーホルダーを読み取り機にかざすだけで給油が可能なので、シェルのSSでの給油はクレジットカードを出さなくても、決済が楽に行えます。


マイカーでの旅行や出張が多く、宿泊予約はじゃらんnetを利用している方は、シェル-Pontaクレジットカードを持っていると、ポイントの大量獲得が可能なので、旅費の節約になること間違いありません。


シェル-Pontaクレジットカードの概要
国際ブランド

VISA

年会費(税別)

1,250円

※初年度会費無料。Ponta加盟の昭和シェル石油SSで年1回以上の利用で次年度年会費無料。

国内旅行
傷害保険
なし
その他 最高2,000万円までの海外旅行傷害保険(利用付帯)
年間100万円までのショッピング保険
ネットセーフティサービス
海外アシスタンスサービス
Shell EasyPay(シェル イージーペイ)
ETCカード(年会費無料)
申込み

旅行にはクレジットカードを1枚は持って行こう

冒頭でも述べましたが、旅先では、どのようなトラブルが発生するかわかりません。

手持ちの現金では支払いきれない出費があるかもしれませんし、旅行期間を1日か2日延長する場合もあるかもしれません。

そのような場合でも、クレジットカードがあれば、とりあえずは決済に困ることはないので、旅先での安心を得るためにも、旅行には1枚はクレジットカードを持っていきましょう。