法人用のクレジットカードを作っておけば、会社の経理処理の簡略化や確定申告の手間を省力化。内部統制強化にもなり不正の防止にも貢献します。また、個人事業主の方も、確定申告に役立ちます。

法人クレジットカードで日常業務の簡素化と経費削減

従業員の出張の際、事前に仮払金を現金で支給し事後に領収書とともに清算していませんか?

このような仮払金の支給は、頻繁に出張をしなければならない場合に何度も銀行に行って現金を引き出す手間がかかります。また、仮払金清算時にも銀行に預け入れる必要があるので、日常業務を煩雑にします。

日常業務を簡素化するためには、現金の入出金をできるだけ減らすことが大切です。そのために法人クレジットカードを作ることをおすすめします。

ビジネスパーソン

法人クレジットカードで出張旅費を清算

社長や役員など、社内で重要な地位にある方の出張旅費は、事前の仮払金支給や事後の立替金清算を行うのではなく、法人用のクレジットカードを使うのが経理処理の簡略化や内部統制の強化につながります。

仮払金支給の場合、出張後に経理部で領収書をチェックし、支出額を勘定科目ごとに記帳しなければなりません。また、余った仮払金の清算なども行わなければなりません。こういった仕事は、経理業務を煩雑にし余計な手間をかける原因となります。

しかし、法人用のクレジットカードで出張中の経費の支払いをしておけば、後でカード会社からの請求明細書を見ながら記帳できるので、現金決済と比較すると、経理業務が簡素化されます。

法人用クレジットカードには、従業員不正を防止できる利点もあります。

旅費交通費を現金で清算している場合、私用の領収書も仮払金の清算時に紛れ込ませる不正を行うことが可能です。このような不正は、会社に損害を与えるだけでなく、不正が見つかった時に従業員が職を失う危険もあります。

しかし、法人用クレジットカードを使えば、従業員が私用の領収書を使って支出額以上の出張旅費の清算をする危険性を低くできます。支出内容は、カード会社からの請求明細書で確認できるので、従業員の無駄遣いの防止にも役立ちます。

消耗品などの発注に伴う経費の削減

日常業務で必要となるコピー用紙、インクカートリッジ、伝票、ボールペン、消しゴムなどの消耗品の補充にも法人用クレジットカードは役立ちます。

請求明細書でどこで何を購入したのかがわかるだけでなく、銀行振込や代金引換のように手数料を支払う必要がないので、経費の削減に貢献してくれます。

また、注文した荷物の到着時に現金決済をしなくて良いので、オフィスに小口現金を用意しておく必要がありません。当然、小口現金勘定の設定も不要となるので、経理業務の簡略化が進みます。

個人事業主は公私の区別をつけやすいので確定申告に役立つ

法人用のクレジットカードは、会社でなければ作れないように思いますが、自営業者やフリーランスといった個人事業主の方でも作ることは可能です。

むしろ、公私の支出を区別するためにも、法人クレジットカードを作っておいた方が良いでしょう。

請求明細書は、日々の記帳で役立ちますから所得税の確定申告の時にも重宝します。

また、個人のクレジットカードで経費を支払った場合、それを必要経費として認められず損金算入できないこともあります。当然、その支出は自己負担となるので、所得税を多く納めなければなりません。

したがって、個人事業主の方も、法人用クレジットカードを作って経費の支払いをすることをおすすめします。


JCB法人カード

法人用のクレジットカードを発行しているカード会社はいくつかありますが、その中でも、JCB法人カードが有名です。



JCB法人カードには、一般、ゴールド、プラチナの3種類が用意されており、年会費やカード利用可能枠、旅行傷害保険などに違いがあります。

出張の少ない個人事業主の方は一般法人カードで十分ですが、出張が多い方や法人経営の方はゴールドやプラチナにするのがおすすめです。

ポイント型とキャッシュバック型

JCB法人カードは、ポイント型とキャッシュバック型を選択できます。

ポイント型はカード利用1,000円ごとに1ポイント還元され、貯まったポイントで様々な商品と交換できます。なお、1ポイントの価値は3.5円〜5円程度です。

キャッシュバック型は、毎月の利用金額に応じてキャッシュバック率が決定され、翌月の交通費や出張旅費の決済額からキャッシュバックされます。なお、キャッシュバック率の最大は3%で、月間最大キャッシュバック額は15,000円です。

交通費や出張旅費がほとんど発生しない場合にはポイント型を選んだ方が良いでしょう。反対にバイヤーが全国各地に飛び回っているような会社の場合は、キャッシュバック型の方が経費削減につながるでしょう。

また、忘年会や新年会で景品を用意したいという会社の場合は、ポイント型を選んで1年間に貯めたポイントで様々な商品と交換するのが良さそうですね。

なお、プラチナカードはポイント型しか選ぶことができません。

ビジネスに役立つ特典

JCB法人カードには、ビジネスに役立つ特典やサービスが用意されています。


ETCカード複数枚発行可能

1枚のJCB法人カードに対して複数枚のETCカードを年会費無料で発行できます。また、走行日、利用区間、金額をインターネットで確認できます。


航空券を専用割引運賃で購入可能

オフィスのパソコンから航空券の予約ができます。法人専用のチケットレスサービスなので急な出張にも対応可能です。


新幹線予約

東海道新幹線(東京〜新大阪間)のネット予約&チケットレスサービス「プラスEX」サービスを年会費500円(税別)で利用できます。


じゃらんnetでビジネス限定プランの予約が可能

じゃらんnetが提供する宿泊施設から、通常の宿泊プランよりも安い限定プランを予約できます。


給油専用カード

JCB法人カードに、給油専用エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカードやスピードパスを付加発券できます。店頭クレジット価格で給油できるのでコスト削減になります。
エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード年会費96円(税別)。


年会費

一般:1,250円(税別)
ゴールド:10,000円(税別)
プラチナ:30,000円(税別)


カード使用者を1名追加するごとに以下の年会費が必要です。

一般:1,250円(税別)
ゴールド:3,000円(税別)
プラチナ:6,000円(税別)

なお、一般カードとゴールドカードは初年度会費が無料です。

旅行傷害保険と空港ラウンジサービス

ゴールドカードとプラチナカードには旅行傷害保険と空港ラウンジサービスがあります。

旅行傷害保険は、プラチナカードが国内外最高1億円、ゴールドカードは国外最高1億円、国内最高5,000万円です。

さらにプラチナカードには、旅の手配や予約などができるプラチナ・コンシェルジュデスク、有名レストランの所定コースメニューを2名以上で予約すると1名分の料金が無料となるグルメ・ベネフィット、カード全般の問い合わせができる法人プラチナメンバーズデスク、世界各国で空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティ・パスのサービスがついています。


申込み先:JCB法人カード


セゾンプラチナ・ビジネス・AMEX・カード

クレディセゾンでも、ビジネス用のクレジットカード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」が用意されています。

プラチナカードなので敷居は高いですが、付帯されているサービスはプラチナカードだけあって申し分ありません。



ビジネスに役立つ特典

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのビジネスに役立つ特典やサービスは以下のとおりです。


カード年会費優遇

通常2万円(税別)の年会費が、年間利用額200万円以上で、次年度の年会費が1万円(税別)に優遇されます。


追加カードを4枚まで発行可能

本会員とほぼ同内容のサービスを受けられる追加カードを4枚まで発行できます。出張が多い役員や従業員用として便利です。


選べる引き落とし口座

法人名義口座を指定可能なので、個人利用の高座と分けて経費管理ができます。内部統制を強化するためにも、引き落とし口座は法人名義のものを用意することをおすすめします。


利用明細ダウンロードサービス

直近3ヶ月分のカードの利用明細データをダウンロードできます。


国内外でのビジネスに役立つ優待サービス

航空機を利用した移動が多い事業を行っている法人や個人事業主の方に役立つサービスが付帯しています。


プライオリティ・パス

海外空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスに年会費無料で登録できます。全国400以上の都市、120以上の国や地域で700ヶ所以上の空港ラウンジが用意されているので、海外出張が多い事業を営んでいる法人や個人事業主の方は、フライトの待ち時間を快適に過ごせます。


国内空港ラウンジサービス

成田や羽田をはじめ国内主要空港のラウンジを無料で利用できます。


海外・国内旅行傷害保険

旅行傷害保険が最高1億円付帯されています。予期せぬ事故で発生する治療費用などの補償も充実。


ハイヤー送迎サービス優待

成田空港・羽田空港と東京23区間のハイヤー送迎サービスを特別料金で利用できます。取引先担当者のお出迎えに便利です。


プラチナカードだけの特別サービス


コンシェルジュサービス

会員専用のコールセンターで、24時間365日、専任のスタッフが様々な相談や問い合わせに対応。


entree(オントレ)

一流ホテルやエアライン、ダイニング、スパ、ショッピングなど特別な優待サービスが用意されています。


スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド

世界520軒以上の格式あるこだわりのホテルを会員限定特典を用意して紹介。大事なお客様のおもてなしや商談に。


Dramatic Time!

プラチナ会員の中から抽選で、ハイクラスなレストランやラグジュアリーホテルなどが実施するイベントに招待。


年会費

20,000円(税別)
ただし、年間200万円のカード利用で年会費1万円(税別)に優遇。
カード使用者を1名追加するごとに3,000円(税別)の年会費が必要です。


申込み先: セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード


スポンサード リンク