年会費無料でも海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードがあります。
自動付帯と利用付帯のカード2枚持ちで安心2倍。

海外旅行傷害保険付帯クレジットカードの2枚持ち

海外旅行に出かける時、現地でけがや病気にかかった時のことが心配です。だから、海外旅行に出かける前に空港で事前に海外旅行傷害保険に加入しておいた方が良いです。

でも、海外旅行に出かけるたびに海外旅行傷害保険に加入していたのでは、保険料が多くかかってしまいます。したがって、少しでも保険料を安くしようと思うなら、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを持っておくことをおすすめします。

しかし、海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードは年会費を支払わなければならないものが多いです。年会費無料のクレジットカードでも海外旅行傷害保険付きのカードはありますが、年会費が必要なクレジットカードよりも補償金額が少ないです。

でも、年会費無料のクレジットカードでも、2枚持ちすることで補償内容を充実させることが可能です。

傷害死亡・後遺障害保険金は合算されない

海外旅行傷害保険には、傷害死亡・後遺障害で保険金が支払われる補償とその他の補償に大きく分けることができます。

傷害死亡や後遺障害については、補償最高額が2,000万円や3,000万円と高額な補償となっていることが多く、ゴールドカードなどでは最高1億円の保険金が支払われるものもあります。

しかし、傷害死亡・後遺障害保険金は、海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを複数枚持っていても、補償額が合算されないことに注意しましょう。受け取れる保険金は、持っているクレジットカードのうち最高保険金額が限度となります。

例えば、補償最高金額が3,000万円と5,000万円のクレジットカードを所持している場合、受け取れる保険金の最高額は5,000万円です。合算して8,000万円とはなりません。

傷害や疾病の治療費用は合算可能

傷害死亡・後遺障害の場合は保険金の合算はできませんが、傷害や疾病による治療費、携行品損害などの補償額は、各クレジットカードに付帯する保険金額の合算が可能です。

例えば、傷害治療費用の補償内容が200万円限度と100万円限度のクレジットカードを持っている場合、合算して300万円の補償を受けることができます。ただし、保険金額は損害額が上限となります。治療費用が250万円だった場合には、300万円の支給はされず、受け取れる保険金額は250万円です。

ニューヨーク

自動付帯と利用付帯

海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードには、自動付帯のものと利用付帯のものがあります。

自動付帯は、出国前に何らの手続きも必要としないクレジットカードです。

利用付帯は、ツアー代金などを当該クレジットカードで事前に支払った場合に海外旅行傷害保険が適用されます。したがって、クレジットカードの会員であるだけでは保険金は支払われません。

海外旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカードの多くは年会費が必要です。海外旅行傷害保険付帯で年会費が無料のクレジットカードは、利用付帯の場合が多いです。なので、カードを申し込む前には、自動付帯なのか利用付帯なのか、しっかりと確認しておきましょう。

利用付帯のクレジットカードを複数枚持っていても、ツアー代金の支払いを1枚のクレジットカードで済ませたら、傷害や疾病の治療費用を合算できませんので注意してください。

年会費無料のクレジットカードの2枚持ち

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを2枚持ちする場合、自動付帯のカードにすべきですが、年会費無料の場合には、ほとんどが利用付帯です。

でも、エポスカードは年会費無料でありながら、海外旅行傷害保険が自動付帯となっています。したがって、年会費無料で海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを申し込む場合、まずエポスカードから申し込むのがおすすめです。

そして、次に年会費無料で利用付帯のクレジットカードを申し込むと良いでしょう。リクルートカードや楽天カードが、年会費無料で利用付帯の海外旅行傷害保険がついたクレジットカードとして有名です。

したがって、海外旅行傷害保険付帯で年会費無料のクレジットカードを2枚持ちする場合、エポスカードとリクルートカードの2枚持ち、または、エポスカードと楽天カードの2枚持ちがおすすめです。

当然、海外旅行傷害保険の補償を二重にするためには、ツアー代金をリクルートカードか楽天カードで事前に決済する必要があります。

なお、傷害治療費用の補償額は、エポスカード=200万円、リクルートカード=100万円、楽天カード=200万円です。

また、疾病治療費用の補償額は、エポスカード=270万円、リクルートカード=100万円、楽天カード=200万円です。

国際ブランドは分けておくのが無難

クレジットカードを2枚持ちする場合、国際ブランドを分けておくことをおすすめします。同一のカード会社の場合、補償額の合算ができないこともありますからね。

上記3カードで選択できる国際ブランドは以下のとおりです。


エポスカード:VISA
リクルートカード:VISA、JCB
楽天カード:VISA、JCB、マスター


エポスカードがVISAしか選べませんので、2枚持ちする場合、リクルートカードはJCB、楽天カードはJCBかマスターを選択すると良いでしょう。


なお、海外旅行傷害保険の詳しい内容やクレジットカードの申し込み方法は、各カード会社のホームページをご覧ください。


スポンサード リンク