来迎院を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

来迎院

来迎院

由緒

来迎院(らいごういん)は、仁寿年間(851〜854年)に円仁が声明(しょうみょう)の修練道場として創建したのが始まり。

その後、天仁2年(1109年)に良忍が再興し、現在の寺名となった。

本堂

本堂

天文2年(1533年)に再建された本堂。本堂に祀られている薬師如来、釈迦如来、弥陀如来は平安時代の作で重要文化財に指定されている。

音無の滝

音無の滝

来迎院近くを流れる律川にある音無の滝。良忍が声明を唱えていると、声明の音律と交わって水音が消えたと伝えられている。

来迎院の所在地

〒601-1242
京都市左京区大原来迎院町537(地図

来迎院への行き方

京都バス「大原」から徒歩約15分

※拝観料500円が必要。

来迎院周辺の宿泊施設

大原の旅館一覧

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
三千院
三千院
寂光院
寂光院
勝林院
勝林院
宝泉院
宝泉院
実光院
実光院
八瀬天満宮社
八瀬天満宮社