銀閣寺を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

銀閣寺(慈照寺)

銀閣寺

由緒

銀閣寺は、文明14年(1482年)から足利義政が造営を開始した東山殿が始まり。

長享3年(1489年)に観音殿(銀閣)が完成した。

延徳2年(1490年)に義政が亡くなると、その遺命により宝処周財(ほうしょしゅうざい)を迎えて東山殿は禅寺に改められ、義政の法号である慈照院から慈照寺と名付けられた。追請開山は無窓疎石。

その後、永禄元年(1558年)に兵火により、観音殿と東求堂(とうぐどう)を残して焼失する。

元和年間(1615〜1624年)、寛永年間(1624〜1644年)に修復が行われ、現在の寺観が整えられた。

なお、銀閣寺は平成6年(1994年)に世界文化遺産に登録されている。

ご利益

開運招福、家内安全

観音殿(銀閣)

観音殿(銀閣)

通称銀閣と呼ばれる観音殿。一層目は書院造の心空殿、二層目は観音像を安置する潮音閣と呼ばれる。国宝に指定されている。

錦鏡池

錦鏡池

観音殿の前にある池泉回遊式庭園の中心をなす錦鏡池(きんきょうち)。足利義政が西芳寺に学んで作庭を命じたもの。国の特別史跡、特別名勝に指定されている。

銀沙灘と向月台

銀沙灘と向月台

庭園に白砂を敷き詰めた銀沙灘(ぎんしゃだん)。写真右の円錐形の盛り砂は、向月台(こうげつだい)。

方丈(本堂)

方丈(本堂)

銀閣寺の方丈(本堂)。池大雅(いけのたいが)と与謝蕪村の襖絵がある。

東求堂

東求堂

国宝の東求堂。足利義政の持仏堂で、現存する書院造りの建物では最古のもの。堂内には、茶室の源流といわれる四畳半の間取りの同仁斎がある。

銀閣寺の所在地

〒606-8402
京都市左京区銀閣寺町2(地図

銀閣寺への行き方

市バス「銀閣寺道」から徒歩約10分

※拝観料500円が必要。

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
永観堂(禅林寺)
永観堂(禅林寺)
百萬遍知恩寺
百萬遍知恩寺
金戒光明寺
金戒光明寺
真如堂
真如堂
南禅寺
南禅寺
吉田神社
吉田神社