善峯寺を紹介しています。
由緒、見どころ、所在地、最寄駅などの情報を掲載。

善峯寺

善峯寺

由緒

善峯寺(よしみねでら)は、長元2年(1029年)に源算が創建したのが始まり。

長久3年(1042年)に鷲尾寺の仁弘が、十一面観世音菩薩像を当寺に遷し、本尊とした。

歴朝の崇敬が厚く、白河天皇が諸堂を建立。

鎌倉時代には、愚管抄の著者である慈円が住職を勤めた。

その後、青蓮院(しょうれんいん)の宮が代々住職を勤めたことから西山宮門跡(にしやまのみやもんぜき)と呼ばれるようになる。

室町時代には、後花園天皇が伽藍を改築し僧坊が52にも及んだが、応仁の乱(1467年)で焼失。

元禄年間(1688〜1704年)に徳川綱吉の母の桂昌院が、寺領を寄進して復興した。

なお、善峯寺は、光明寺、楊谷寺とともに西山三山に数えられている。

ご利益

病気平癒、長寿、健康、出世祈願、神経痛、腰痛

山門

山門

元禄5年に桂昌院によって再建された山門。運慶作の文殊菩薩と金剛力士像が祀られている。これらは源頼朝の寄進と伝えられている。

観音堂

観音堂

本堂の観音堂。本尊の十一面千住観世音菩薩が祀られている。元禄5年の再建。

寺宝館文殊堂

寺宝館文殊堂

善峯寺の宝物が安置されている寺宝館文殊堂。

厄除けの鐘

厄除けの鐘

桂昌院が徳川綱吉の厄除けのために寄進した厄除けの鐘。

護摩堂

護摩堂

不動明王五大尊を祀る護摩堂。元禄5年に建立された。

遊龍の松

遊龍の松

天然記念物の遊龍の松。全長54メートルあったが、平成6年(1994年)に松くい虫の被害に遭い15メートル切った。

多宝塔

多宝塔

元和7年(1621年)に再建された多宝塔。

経堂

経堂

桂昌院が鉄眼の一切経を納めた経堂。宝永2年(1705年)に建立された。

開山堂

開山堂

117歳の源算の姿を祀る開山堂。長寿のご利益を授かることができる。元禄5年に建立された。

幸福地蔵

幸福地蔵

桂昌院が幸せを願った幸福地蔵(しあわせじぞう)。自分以外の人の幸せを祈る。

桂昌院廟

桂昌院廟

桂昌院の遺髪を納めている。

釈迦堂

釈迦堂

明治18年(1885年)に建立された釈迦堂。源算作の石仏釈迦如来を祀る。

けいしょう堂

けいしょう堂

桂昌院を祀るけいしょう堂。

奥の院薬師堂

奥の院薬師堂

元禄14年に建立された薬師堂。桂昌院の両親が祈願した開運出世の薬師像を祀る。

青蓮院の宮御廟

青蓮院の宮御廟

青蓮院の宮の廟所。

青蓮の滝

青蓮の滝

石仏不動明王を祀る青蓮の滝。

阿弥陀堂

阿弥陀堂

寛文13年(1673年)に建立された阿弥陀堂。宝冠阿弥陀如来を祀る。

善峯寺の所在地

〒610-1133
京都市西京区大原野小塩町1372(地図

善峯寺への行き方

阪急バス「善峯寺」から徒歩約8分

※入山料500円が必要。

関連記事


スポンサード リンク

付近の主な観光名所
大原野神社
大原野神社
十輪寺
十輪寺
勝持寺
勝持寺
正法寺(石の寺)
正法寺(石の寺)
華厳寺(鈴虫寺)
華厳寺(鈴虫寺)
地蔵院(竹の寺)
地蔵院(竹の寺)