京都御苑の近衛邸跡で早咲きの糸桜が満開になった・2017年

京都御苑の近衛邸跡で早咲きの糸桜が満開になった・2017年

4月初旬。 京都市上京区にある京都御苑を訪れました。 京都御苑には、数多くの桜が植えられており、毎年3月下旬から4月下旬にかけて様々な桜を観賞できます。 特に華やかになるのが4月上旬です。 まだソメイヨシノの見ごろには、やや早いのですが、御苑内の北側にある近衛邸跡(このえていあと)の糸桜が良い具合に咲いているはずです。

平野神社の魁桜が満開・2017年

平野神社の魁桜が満開・2017年

4月初旬に京都市北区の地蔵院に五色八重散椿を見に行った後、桜の名所平野神社にも参拝してきました。 平野神社には、早咲きから遅咲きまで多品種の桜が植えられており、3月下旬から4月末まで桜を楽しめます。 3月末から4月初旬にかけては、神門近くの魁(さきがけ)と呼ばれる枝垂れ桜が見ごろを迎え、その見事な姿を見ようと多くの参拝者が平野神社を訪れます。

地蔵院で満開になった五色八重散椿・2017年

地蔵院で満開になった五色八重散椿・2017年

4月初旬。 京都市北区の地蔵院に参拝してきました。 地蔵院は、椿寺とも呼ばれており、境内には立派な五色八重散椿(ごしきやえちりつばき)が植えられています。 見ごろ時期は3月下旬から4月上旬です。 今回の参拝は、見ごろを迎えているであろう五色八重散椿を見るのが目的であります。

お茶の京都博のさくら茶会に参加・2017年

お茶の京都博のさくら茶会に参加・2017年

2017年4月から2018年3月まで、京都府南部、宇治茶のふるさと12市町村を舞台に「お茶の京都博」が展開され、各地で宇治茶をテーマにした各種イベントが催されます。 そのオープニングイベントである「さくら茶会」が、京都府八幡市の背割堤(せわりてい)で4月1日と2日の2日間、開催されます。 ということで、4月1日にさくら茶会に参加してきました。

建仁寺の桜・2017年3月29日の状況

建仁寺の桜・2017年3月29日の状況

3月29日に京都市東山区の建仁寺を訪れました。 建仁寺は京都最古の禅寺で、春になると境内のいたるところで桜が花を咲かせます。 桜の数は、それほど多くはないのですが、禅寺の建物と一緒に見る桜は、古都の春を感じられますね。

円山公園の桜・2017年3月29日の状況

円山公園の桜・2017年3月29日の状況

3月29日に京都市東山区の祇園白川の桜の開花状況を確かめに行った後、円山公園にも桜を見に行ってきました。 例年だと、3月末には円山公園の祇園枝垂れ桜が5分咲き程度まで咲き進んでいます。 その他にも、早咲きの枝垂れ桜が多数植えられており、これらも見ごろに近づいている頃なのですが。

祇園白川で開花した枝垂れ桜・2017年

祇園白川で開花した枝垂れ桜・2017年

3月29日に京都市東山区の祇園白川に行ってきました。 祇園白川は、京都らしい町並みが残っており、観光で京都にお越しの方にとても人気があります。 特に春の桜の時期は、多くの人が祇園の町並みと一緒に桜を愛でようと訪れますね。 祇園白川にはソメイヨシノも植えられていますが、それよりも早くに咲く枝垂れ桜も多く植えられており、例年、3月末に5分咲き程度まで咲き進みます。

京都御苑の黒木の梅と咲き始めの桃・2017年

京都御苑の黒木の梅と咲き始めの桃・2017年

3月下旬に京都市上京区の清浄華院(しょうじょうけいん)で蜂須賀桜を見た後、西隣の京都御苑も訪れました。 この時期の京都御苑では、例年だと早咲きの桜が見ごろを迎えていますし、桃林の桃の花もきれいに咲いています。 今回、京都御苑を訪れたのは、その早咲きの桜と桃林を見るためであります。

檀王法林寺の桃桜と椿・2017年

檀王法林寺の桃桜と椿・2017年

3月下旬。 京都市左京区の檀王法林寺(だんのうほうりんじ)に参拝してきました。 檀王法林寺には、桃桜が植えられています。 毎年、3月中旬に見ごろを迎える桃桜ですが、2017年の京都では桜の開花が遅れていることから、おそらく檀王法林寺の桃桜も例年よりも見ごろが遅れているはず。 そう思いながら、檀王法林寺に向かいました。

阿弥陀寺の満開の桃桜・2017年

阿弥陀寺の満開の桃桜・2017年

3月下旬に京都市上京区の阿弥陀寺に参拝してきました。 阿弥陀寺には、桃桜が植えられており、例年だと3月中旬に見ごろを迎えます。 2017年の京都の桜は、開花が遅れているところが多いことから、おそらく阿弥陀寺の桃桜もまだ見ごろを保っているはずです。