京都の紅葉狩りコース-梅宮大社、松尾大社、月読神社編

京都の紅葉の名所嵐山は、11月になると国内外から多くの観光客や旅行者が訪れ、どこに行っても人でいっぱいです。

それだけ、魅力的な紅葉を見れるということなので、秋には嵐山に訪れたいですね。

阪急電車の嵐山駅から1駅南の松尾大社駅周辺にも、比較的多くの紅葉の名所があります。

嵐山からそれほど離れていないのですが、紅葉狩りに訪れる人は一気に減ります。

松尾大社駅近くには、梅宮大社(うめのみやたいしゃ)、松尾大社(まつのおたいしゃ)、月読神社(つきよみじんじゃ)といった紅葉の名所があり1日で3ヶ所の紅葉を見ることが可能です。

梅宮大社

京都駅から阪急電車の松尾大社駅に行くには、市バス38系統に乗車します。

約35分で梅宮大社前に到着するので、まずは梅宮大社に訪れましょう。

梅宮大社には、境内を囲むように神苑が設けられています。

神苑の東に大きな池があり、そのほとりに多くのカエデが植えられています。

梅宮大社

梅宮大社

神苑は、日当たりがとても良いためか、どのカエデも11月中旬頃から鮮やかな赤色に色づき始めます。

社殿と一緒に見る紅葉も見事ですし、水面に映る紅葉にも情緒があります。

梅宮大社は、境内に入るのは無料ですが、神苑に入るには拝観料550円が必要です。

松尾大社

梅宮大社の次は、四条通を西に歩き、桂川を渡って松尾大社に向かいましょう。

梅宮大社から松尾大社までは、徒歩約10分です。

松尾大社には、参道、楼門付近、本殿付近にカエデが植えられています。

特に美しいのが楼門前に植えられているカエデの紅葉です。

松尾大社

松尾大社

日差しを受けるとモミジが輝き、透明感のある赤色になります。

松尾大社は境内に入るのは無料です。

神苑に入るには拝観料500円が必要です。

月読神社

松尾大社の紅葉を見た後は、南に5分ほど歩いて月読神社に向かいましょう。

月読神社は、小さな神社でカエデの数も少ないのですが、鳥居近くの紅葉がとてもきれいです。

月読神社

月読神社

訪れる人が少なく、静かに紅葉狩りをしたい方におすすめの神社です。

月読神社には拝観料の類はなく、境内に入るのは無料です。

各神社の参拝時間は、梅宮大社が30分、松尾大社が30分、月読神社が15分です。

各神社間の移動時間を合計30分、昼食時間を1時間とすると、3時間程度で3ヶ所を廻れます。

帰りは、松尾大社前から市バスに乗車して京都駅に戻るのが便利です。

市バスの乗車時間は往復で1時間20分ほどですから、所要時間は約4時間30分ですね。

時間が余った場合は、松尾大社前駅から阪急電車に乗って嵐山に向かうのも良いでしょう。

その場合は、嵯峨嵐山駅からJRに乗って京都駅に戻るのが便利です。

京都の紅葉狩りコース



京都紅葉photo