下鴨神社のイチョウと秋晴れの空・2017年

11月初旬。

京都市左京区の下鴨神社に参拝しました。

世界遺産に登録されている下鴨神社は、糺(ただす)の森という自然林に鎮座しています。

京都市中心部から近い場所なのに自然林が残っているのは、とても貴重ですね。

爽やかな秋空と社殿

下鴨神社の最寄り駅は、京阪電車の出町柳駅です。

駅を出て北に5分ほど歩くと、糺の森の入り口に到着します。

糺の森の中の参道をまっすぐ北に向かって歩きます。

参道

参道

ただ歩いているだけで森林浴ができ、心身がリフレッシュしていきます。

楼門の前にやってきました。

楼門

楼門

糺の森の中は、木々に覆われて空が見えませんでしたが、糺の森を抜けると楼門の頭上に秋晴れの空が広がっているのが見えました。

雲ひとつない爽やかな空であります。

楼門をくぐり境内へ。

境内

境内

広い境内から見上げる秋空も美しいですね。

社殿と一緒に見る秋空に古都の趣を感じます。

舞殿を過ぎ、中門をくぐって本殿へと向かいます。

その前に言社(ことしゃ)と呼ばれる干支の守り神にお参りです。

そして、本殿に進んでお参りです。

西本殿は国家安泰、厄除交通安全の神さまを祀り、東本殿には縁結び安産育児の神さまを祀っています。

中門から外に出て、今度は境内の東へ。

御手洗池(みたらしいけ)の近くのイチョウが黄葉し始めていました。

黄葉し始めたイチョウ

黄葉し始めたイチョウ

11月に入ったばかりだから、まだ緑色かなと思ったのですが、割と黄葉が進んでいますね。

和装したリラックマがいました。

リラックマ

リラックマ

御手洗池の水面が鏡のようになって周囲の景色を映しています。

御手洗池

御手洗池

秋は太陽が低い位置にあるため、南向きだと日差しがとてもまぶしいです。

鳥居と一緒に見るイチョウ。

鳥居とイチョウ

鳥居とイチョウ

広がる青空の下で見るイチョウの黄葉は、金色に輝いて見えましたよ。

境内と青空

境内と青空

境内の西側の鳥居付近にカエデが植えられているので、紅葉の進み具合を見に行きましょう。

鳥居とカエデ

鳥居とカエデ

こちらのカエデは、まだほとんど紅葉していませんね。

糺の森は、京都市内で最も遅く紅葉するので、見ごろにはまだ時間がかかりそうです。

本殿にお参りを済ませたので、糺の森を南に歩いて外に出ましょう。

糺の森の中ほどには、建てられたばかりの雑太社(さわたしゃ)があります。

ラグビーと関係のある神社とあって、絵馬がラグビーボールの形をしていますね。

ラグビーボールの絵馬

ラグビーボールの絵馬

糺の森は、まだまだ紅葉する気配がありません。

糺の森

糺の森

でも、少しずつ深まっていく秋を感じることができましたよ。

なお、下鴨神社の詳細については以下のページを参考にしてみてください。

宿泊



京都紅葉photo