淀水路で開花した河津桜・2017年

2月末。

京都市伏見区の淀水路に行ってきました。

淀水路には、早咲きの河津桜がたくさん植えられています。

開花時期は2月下旬で、見ごろを迎えるのは3月中旬ですね。

今回、淀水路を訪れたのは河津桜がどれくらい咲いているかを確認するためです。

淀水路の西側で咲き進む河津桜

淀水路の最寄り駅は、京阪電車の淀駅です。

駅を出て線路沿いを南に5分ほど歩けば、淀水路の西の端に到着します。

途中、淀城跡公園があり、そこから少し南に行ったところですね。

淀水路の西側に到着。

淀水路の河津桜

淀水路の河津桜

河津桜が咲いていました。

良い具合に咲き進んでいますね。

それでは淀水路沿いを東に歩きながら河津桜を観賞しましょう。

こちらの河津桜は3分咲きです。

3分咲きの河津桜

3分咲きの河津桜

まだ見ごろになるには時間がかかりそうです。

足元にはスイセンも咲いていました。

スイセン

スイセン

淀水路を東に進み道路の近くまでやってくると、5分咲き程度まで咲き進んでいる河津桜を発見。

5分咲きの河津桜

5分咲きの河津桜

西側で見た河津桜よりも咲き進むのが早いようです。

近くに寄って河津桜を見ましょう。

河津桜のアップ

河津桜のアップ

河津桜は、ソメイヨシノよりもピンク色が濃いです。

でも、花弁は向こうが見えそうなほど透明感があります。

道路を横切って、さらに淀水路を東に向かって歩きます。

しかし、道路よりも東側に植えられている河津桜は、まったくと言っていいほど花が咲いていませんでした。

開花前の河津桜

開花前の河津桜

やはり、2月末だとこんなものですね。

淀水路の西側の河津桜が咲き始めるのが早すぎるだけです。

淀水路は河津桜だけでなく、菜の花もたくさん咲きます。

菜の花

菜の花

ピンク色の河津桜と黄色の菜の花を一緒に見る風景もきれいですよ。

まだ菜の花も咲き始めて間もないものもありますし、これから咲き始めるものもあります。

河津桜が満開になった時に訪れると、菜の花もたくさん咲いているはずです。

こちらはパンジー。

パンジー

パンジー

淀水路沿いには、地元の方が育てているのか、ところどころでパンジーを見れます。

まだ2月末なので気温は低いのですが、パンジーや菜の花を見ていると心が温まってきますね。

これ以上、東に歩いて行っても河津桜はほとんど咲いていないでしょうから、駅方面に引き返すことに。

咲き進む河津桜

咲き進む河津桜

淀水路沿いを駅に向かって歩いていると、メジロが数羽やってきました。

メジロと河津桜

メジロと河津桜

河津桜が見ごろを迎えると、もっと多くのメジロがやってきて淀水路が賑やかになりますよ。

淀水路の河津桜が見ごろを迎えるのは、例年どおり3月15日あたりでしょう。

満開の河津桜を見たい方は、その頃に淀水路を訪れてください。

2017年3月13日追記

3月中旬にも淀水路に河津桜を見に行ったら見ごろとなっていました。

宿泊




京都桜photo