紫陽花(アジサイ)の花が咲く梅雨に訪れたい京都の名所

梅雨になると、よく雨が降るので、なかなか京都観光に出かけることができませんが、梅雨だからこそ訪れたい場所もあります。

特にアジサイが咲く名所は、少々、天気が悪いくらいの方が、花がみずみずしくてきれいなんですよね。

今回の記事では、梅雨だからこそ訪れたいアジサイの花が咲く名所をいくつか紹介します。

1.三室戸寺

京都で最も有名なアジサイの名所は、宇治市にある三室戸寺(みむろとじ)です。

三室戸寺は、花の寺として有名で、春から夏にかけて様々な花を愛でることができます。

特に梅雨の時期は、紫陽花庭園で、1万株のアジサイが開花し、赤色や青色の花で庭園が埋め尽くされます。

三室戸寺

三室戸寺

とにかく京都にアジサイを見に行きたいと思ったら、まずは三室戸寺を訪れるのが良いでしょう。

2.梅宮大社

京都市右京区の梅宮大社(うめのみやたいしゃ)には、境内を囲むように神苑が設けられており、5月下旬から6月中旬にかけて、アジサイがきれいな花を咲かせます。

梅宮大社

梅宮大社

アジサイが咲く時期には、勾玉池(まがたまいけ)でハナショウブも咲くので、こちらもじっくりと観賞したいですね。

3.藤森神社

京都市伏見区の藤森神社は、京都市内では最も有名なアジサイの名所です。

藤森神社には、参道脇と本殿の裏の2ヶ所に紫陽花苑があります。

藤森神社

藤森神社

敷地がそれほど広くないのですが、その分、密集してアジサイが植えられているので、花が一斉に咲いた時には、とても華やかになります。

4.祇園白川

京都市東山区の祇園白川は、観光客の方に人気の場所ですが、梅雨の時期は、訪れる方がほとんどいません。

でも、この時期は、白川沿いに紫色や青色のアジサイがたくさん花を咲かせるので、東山に観光に出かけたら、ついでに見ておきたいですね。

祇園白川

祇園白川

5.智積院

京都市東山区の智積院(ちしゃくいん)にも、アジサイがたくさん植えられています。

智積院

智積院

アジサイが植えられているのは、金堂の周囲です。

かなり多くのアジサイが植えられているのですが、梅雨の時期に参拝される方が少ないので、じっくりと観賞することができますよ。

6.真如堂

京都市左京区の真如堂は、隠れたアジサイの名所です。

赤門をくぐって、参道を進み本堂に向かうまでの間には、ほとんどアジサイがないので、多くの人は、ここがアジサイの名所だとは気付きません。

でも、本堂の裏にある萬霊堂というお堂の裏側に行くと、意外と多くのアジサイが植えられています。

真如堂

真如堂

お堂の陰に隠れるように咲いているので、花がみずみずしく見えます。

また、梅雨時は、ボダイジュの花も咲くので、こちらも見ておきたいですね。

梅雨の時期は、雨が多いので、なかなか観光に出かけにくいですが、天気予報で晴れの日が続きそうな時は、アジサイの名所に訪れてはいかがでしょうか。



京都紅葉photo