初夏に拝観したい庭園

初夏は、気候的に京都観光に適しているのですが、旅行で訪れる方が少なめです。

この時期には、あまり観るものがないと思っていらっしゃる方が多いのでしょう。

ところが、初夏の京都は、ツツジ、サツキ、花菖蒲、新緑など見どころがたくさんあります。

そこで、今回の記事では、私が過去に訪れたことのある庭園の中から、初夏に訪れたい庭園をいくつか紹介します。

銀閣寺

京都市左京区の銀閣寺は、5月になると錦鏡池(きんきょうち)の周りに植えられたツツジが見頃を迎えます。

銀閣寺の錦鏡池

銀閣寺の錦鏡池

赤色、紫色、白色と鮮やかな花が、庭園を彩ります。

また、月待山の新緑も青々としており、本堂からは初夏らしい風景を眺めることができます。

平安神宮

5月下旬から6月中旬にかけて、平安神宮の西神苑では、花菖蒲が見頃を迎えます。

平安神宮の西神苑

平安神宮の西神苑

200種、200株の花菖蒲が咲きそろう姿は、とても爽やかで、いつまでも観ていたくなります。

また、中神苑では、初夏から夏にかけてスイレンも咲き始めます。

祇王寺

京都市右京区の嵯峨野に建つ祇王寺では、新緑と苔が緑色の空間を作り出します。

祇王寺の苔の庭

祇王寺の苔の庭

上も下も緑色なので、自分の体まで緑色に光っているような錯覚を起こしてしまいますね。

本堂の控えの間にある虹の窓からの眺めも見事です。

詩仙堂

5月下旬から6月中旬にかけてサツキが見頃となります。

京都市左京区の一乗寺に建つ詩仙堂は、サツキが有名なお寺です。

詩仙堂のサツキの刈込

詩仙堂のサツキの刈込

きれいに刈り込まれたサツキは、まさに芸術品。

他にも花菖蒲や新緑も観ておきたいですね。

智積院

京都市東山区の智積院(ちしゃくいん)にもサツキがきれいな庭園があります。

智積院の庭園

智積院の庭園

智積院は、6月15日に青葉まつりが行われます。

この日は、庭園の拝観が無料です。

三室戸寺

宇治市に建つ三室戸寺(みむろとじ)では、6月中旬から7月上旬にかけてアジサイが見頃を迎えます。

さすがにこの時期になると初夏ではなく、夏ですね。

アジサイ寺とも呼ばれているお寺なので、一度は訪れておきたいところです。

三室戸寺のアジサイ

三室戸寺のアジサイ

また、三室戸寺は、5月になると2万株のツツジが花を咲かせます。

私は、三室戸寺にツツジを観に行ったことはありません。

なので、一面ツツジの花で包まれた三室戸寺の庭園の写真は、ウーマンエキサイトのツツジ満開の三室戸寺@京都の記事をご覧になってください。

これだけたくさんのツツジの花が一斉に咲いている写真は見たことがありませんね。

初夏の京都は、春や秋に比べると観光客の方が少ないので、ゆっくりと庭園を観賞することができます。

この記事で紹介した庭園にも、ぜひ、訪れてみてください。



京都紅葉photo