京都市の4つの五重塔

京都にある五重塔と聞いて、すぐに思い浮かぶのが東寺の五重塔ではないでしょうか。

東寺の五重塔は、京都駅近くに建っていて、新幹線などの電車からも見ることができるので、多くの方に馴染みがある五重塔だと思います。

そのため、「五重塔=東寺」というイメージを多くの方が持っていることでしょう。

しかし、京都市には、東寺の他に右京区の仁和寺、伏見区の醍醐寺、東山区の法観寺(八坂の塔)と合計4つの五重塔があります。

そこで、今回は、京都市の4つの五重塔について簡単に紹介したいと思います。

東寺の五重塔

東寺の五重塔は、天長3年(826年)に弘法大師空海が創建に着手したことに始まります。

東寺の五重塔

東寺の五重塔

現在の五重塔は、寛永21年(1644年)に徳川家光が寄進したものです。

空海が創建して千年以上も経っていることから、さすがに現在まで無事ではなかったようで、過去に4回も焼失しています。

東寺の五重塔の特徴は、やはりその高さにあります。

現存する日本の古塔中最高の塔で、高さは55メートルもあります。

醍醐寺の五重塔

醍醐寺の五重塔は、天暦5年(904年)に完成しました。

醍醐寺の五重塔

醍醐寺の五重塔

現存する京都府の五重塔では最古のものとされます。

高さは38メートルで、東寺の五重塔の4分の3ほどですね。

仁和寺の五重塔

仁和寺の五重塔は、寛永21年に建立されました。

仁和寺の五重塔

仁和寺の五重塔

高さは36メートルです。

東寺の五重塔と同じ時期に建立されたことから、建築様式もよく似ており、各層の屋根の幅がほぼ同じとなっています。

これは、江戸時代の特徴的な建築様式だそうです。

八坂の塔

法観寺の五重塔は、通称、八坂の塔として親しまれています。

八坂の塔

八坂の塔

高さは46メートルあります。東寺の五重塔に次いで高いですね。

創建年代は、4つの五重塔の中で最も古く、崇峻天皇2年(589年)に聖徳太子が建立したのが始まりとされます。

しかし、幾度となく火災で焼失し、そのたびに再建され、現在の姿となっています。

1日で4つの五重塔を観ることができるか?

以上、簡単に4つの五重塔を紹介しました。

京都観光の目的の一つとして、4つの五重塔を訪れてみようとお考えの方も多いと思います。

そこで、1日で4つの五重塔を周る方法を考えてみました。

まず、順番としては、拝観時間が午後5時くらいまでと決まっている東寺、醍醐寺、仁和寺を優先し、最後に八坂の塔に訪れるのがいいと思います。

特に、八坂の塔以外は世界遺産に登録されているので、これらは何としても観ておきたいところです。

また、八坂の塔が建っている東山区は、頻繁に夜のライトアップを行っているので、夕方以降でも八坂の塔に訪れることはできます。

では、以下に4つの五重塔を周る手順を記しておきます。

京都駅から東寺へ

京都駅から東寺へは、近鉄電車に乗車して東寺駅で降りても、京都駅から徒歩で行っても約20分ほどかかります。

拝観料は500円です。

拝観時間はいくらあっても足りないくらいなので、1時間と決めておくといいでしょう。

東寺から醍醐寺へ

東寺の拝観の後は、20分かけて京都駅まで戻ります。

京都駅まで戻ったら、地下鉄烏丸線に乗車し烏丸御池駅で下車します。ここまで約5分。

烏丸御池駅からは、地下鉄東西線に乗車し、醍醐駅で下車します。乗車時間は約21分です。

京都駅から醍醐までの運賃は320円です。

醍醐駅からは、約13分ほど歩くと醍醐寺に着きます。

拝観料は通常800円ですが春季と秋季は1,500円です。上醍醐と下醍醐の両方を拝観すると2時間以上はかかってしまうので、こちらも五重塔がある下醍醐を1時間だけ拝観することにしましょう。

醍醐寺から仁和寺へ

醍醐寺の拝観を終えたら次は仁和寺です。

醍醐寺から13分歩いて醍醐駅へ行き、地下鉄東西線に乗車し、三条京阪駅で下車します。乗車時間は、約17分です。

醍醐駅から三条京阪駅までの運賃は290円です。

三条京阪駅からは、市バス59系統に乗車し、御室仁和寺で下車してください。乗車時間は約45分で、運賃は230円です。

仁和寺の拝観料は500円です。こちらも拝観時間は1時間としておきましょう。

仁和寺から八坂の塔へ

仁和寺の後は、いよいよ最後の八坂の塔です。

御室仁和寺から市バス59系統に乗車し、烏丸今出川で下車してください。乗車時間は約26分、運賃は230円です。

烏丸今出川からは、地下鉄今出川駅に移動し、烏丸線に乗車してください。そして、五条駅で下車します。乗車時間は約8分で、運賃は260円です。

五条駅からは、市バス停烏丸五条に移動し、80系統に乗車します。約10分で清水道に着きますので、そこで下車し、約5分ほど歩くと八坂の塔に着きます。運賃は230円です。

八坂の塔は、特に拝観料を納めなくても観ることができます。また、五重塔しかないので、15分ほど眺めれば、満足できると思います。

以上、所要時間は5時間15分ほどです。乗換の待ち時間と昼食時間を2時間とすると約7時間かかりますね。なんとか1日で4つの五重塔を周ることができそうです。

運賃は、合計1,560円ですね。

ちなみに地下鉄と市バスと京都バスを1日利用できる「京都観光1日乗車券」が京都駅で1,200円で購入できるので、こちらを利用した方がお得ですね。

電車やバスの割引チケットの情報については、以下の記事を参考にしてみてください。

また、公共交通機関ではなく、車を使って京都市の4つの五重塔を訪ねるなら、カーシェアリングを利用するのが便利です。

京都市内は道路が混むので、バスの場合、待ち時間も入れると、かなりの時間がかかってしまいます。

でも、京都市内に車で行くのは、それまでに渋滞に巻き込まれて無駄な時間を過ごしてしまう可能性があるので、東寺を拝観後にカーシェアを利用し、醍醐寺、仁和寺、八坂の塔の順番で廻るのが良いでしょう。

京都駅や近鉄東寺駅にカーステーションがあるので、自動車を借りるのにそれほど時間もかかりません。

五重塔に興味がある方は、この記事で紹介した周り方をお試しください。

更新履歴

  • 2014年8月21日に運賃と京都観光1日乗車券の料金を修正しました。


京都紅葉photo